宇宙や宇宙人について自由な発想で考えてみた結果・・・

本カテゴリーでは、宇宙や宇宙人(地球外知的生命体)についてのさまざまな疑問について、科学の枠組みに囚われない自由な発想で考察していきます。

宇宙というと、物理学や量子力学でかなりの部分まで解明されてきていると思う人が多いでしょうが、実際にはそれらは観測可能な範囲のことです。
観測可能な範囲を超えた領域に関しては、その観測結果とこれまでの宇宙物理学の理論をもとに「こうなっているのではないか」という仮説があるだけです。

これらの仮説に基づいて観測を続けた結果、仮説が証明されることも多々ありますが、宇宙全体の膨大な謎からみればほんの僅かに過ぎません。

宇宙はどこまで拡がっているのか、宇宙に果てはあるのか、果てがあるとしてその向こう側には何があるのか・・・
これら宇宙に関する根本的な疑問には何ひとつ明確な答えは出されていません。

さらに、宇宙人はいるのかという疑問に至っては、科学の成果はほぼゼロと言ってもいいでしょう。

銀河系内にも酸素や水が存在する惑星があることが確認されているため、これらの惑星には生命体が存在する可能性がある。
と科学者は言いますが、私たちはそういう話が聞きたいわけじゃないですよね?

映画スターウォーズやスタートレック、エイリアンなどに出てくるような高度に進化した地球外生命体がいるのかいないのか?
もしいるなら、そうした存在とコンタクトすることは出来るのか?
本当に知りたいのは、こっちでしょう(笑)

いやだかからそれは、映画やドラマの中の話だから。
実際にはそんなもの、いるわけないでしょう。
科学的に考えてあり得ないでしょう。

世の中の常識はそうかもしれません。

でもその常識は、思考の根本に科学があるからそうなるわけで。

科学なんて、決して万能なものではありませんよ。
科学で証明できないから、理論的に説明が付かないからという理由でものごとを否定するのは、限られた殻の中だけで世界を観ようとしていて勿体ないです。

よく科学者は「本当にそれがあるのなら誰かが学説として発表しているだろう」といいますが、これってまさに科学万能主義的な狭い発想ですよね。

科学で説明の付かないものは存在するとは断言できない。
それが本当に存在するなら、いま説明が付かなくてもいずれ科学で説明できる日が来る。

なんでこうなるのでしょう(笑)
これって人間が考えることがもっとも優れたこと、という奢りから来る発想ですよね。
とても高慢でいびつです。

人間の考え得ることなんて、たかが知れています。
宇宙のこと、森羅万象について科学で解明できるなんてあり得ません。
宇宙は、人間をはるかに凌駕する存在だからです。

本カテゴリーではそんな宇宙について、科学という枠組みに囚われないさまざまな視点からその謎について考察していきます。

・宇宙には果てはあるのか?
・銀河系の中心にブラックホールがあるというが、果たして本当のところはどうなのか?
・地球外知的生命体はいるのかいないのか?
・非物質存在としての宇宙人って?
・UFOが見える人と見えない人の違いって、いったい何なのか?
・どうすれば宇宙人とコンタクトをとることが出来るのか?
・宇宙人がいるなら、なぜ地球を侵略してこないのか?
・バシャールとは?

こうした話題について、科学ではなくスピリチュアルな視点から考えていったとき、今まで見えてこなかった結論が見えてきます。

スピリチュアルな視点のデメリットは、科学のように実証主義をとらないため「確証」を示すことが出来ません。
つまり、正しいことのお墨付きが得られないんですね。
ですから、それが本当に正しいことかどうかの判断はあなた自身に委ねられます。

いっぽう、スピリチュアルな視点のメリットは、自由な発想で物事を捉えることが出来るということです。
一見、荒唐無稽に思えることでも、あながち全否定できないな、ということって結構ありますからね。

その典型的な例がUFOです。

何もない空に忽然と姿を現し、物理的には決してあり得ないような動き方をして再び忽然と消えてしまう・・・

これに科学的な説明を付けようとすると、結構大変ですよね(笑)
でもスピリチュアルな視点では、意外と簡単に説明できてしまったりします。

たとえばですが、そのUFOは物質化と非物質化を自由に切り替えることが出来るため、忽然と姿を現したり消えたり出来る、とか。
また彼らは重力の影響をキャンセルできる技術を持っているため、我々には理解しがたい奇妙な動き方でUFOを飛ばすことが出来る、とか。

宇宙や宇宙人について、より自由な発想でさまざまな疑問を考えていくことで、今まで私たちが知っていた宇宙とは違ったものが見えてくる・・・

本カテゴリーでは、そんな体験をあなたに提供します。

タイトルとURLをコピーしました