スポンサーリンク

私たちはなぜ地球外知的生命体とコンタクト出来ないのか?

なぜ地球外知的生命体とコンタクト出来ないのか

宇宙人は本当にいるのか?

この答えは「いる」と言ってよさそうです。

とはいうものの
これは単なる理論に過ぎません。

理論上、何らかの地球外生命の存在は
間違いなさそうですが、それがどこにいて
どのような生命体なのか?

またその生命体とコンタクトは可能か?

これらについては未だに何ひとつ
答えが出ていません。

理論上はいることが分かっているのに
なぜその存在を確認できないのか?
なぜコンタクトがとれないのか?

今回はそのことを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画期的な探査プログラムも結果は・・・

SETI@home画面
出典:https://setiathome.berkeley.edu/sah_graphics.php

地球外知的生命体とのコンタクトは
20世紀後半から様々な試みがされてきました。

1977年に受診された「Wow!シグナル」は
地球外から何らかの意図を持った存在からの
信号かと期待されました。

また米NASAによるボイジャー計画は
2機の無人宇宙船に地球外の生命体に向けて
メッセージを搭載しました。

しかしいずれも
地球外生命体から何らかのコンタクトが
あったかといえば「ノー」です。

また1999年に始まった
地球外知的生命体探査(SETI)計画も
2020年に計画が休止してしまいました。

特に地球外知的生命体探査(SETI)計画は
宇宙からの膨大な信号を解析するため
期待されましたが、今のところ
何ら成果らしいものは得られていません。

それ以外にもいくつものプロジェクトが
ありますが、どれも成果はゼロです。

世界中の科学者たちが膨大な費用をかけて
先進の理論・技術で地球外生命体との
コンタクトを持とうとしているのに

どうして何の成果もないのでしょうか?

成果が出ない理由とは?

成果の出ない理由について
最新の研究のひとつを例にとって
考えてみましょう。

2020年6月に英ノッティンガム大学は
学術誌「Astrophysical Journal」に
次のような研究発表をしました。

我々の銀河系だけでも少なくとも
36のエイリアン文明が存在している筈だ。

細かい話は割愛しますが
この36という数字は最も少なく見積もった
場合のものだといいます。

これに異論を差し挟むつもりはないですが
ではなぜ36のエイリアン文明の実在を
確認することが出来ないのでしょう?

遠すぎて交信できない?

これに対する答えは

地球外知的生命体が存在している場所が
単に遠いだけだ。

ということだそうです。

そこが地球からあまりに遠いため
コンタクトを摂るために気の遠くなるような
時間が必要なのだそうです。

確かに計算上は
そういうことになるのでしょう。

でも世界の天才クラスの頭脳を持った
多くの科学者たちが膨大な研究費を使って
導き出した答えがこれとは・・・笑

地球外知的生命体が確かに存在するが
遙か遠くにいるので互いに更新はできない。

この答えはなんとも消化不良です。

科学者たちがあえて見落としていること

理屈のうえでは「いる」のに
いることを確認するためには膨大な時間がかかる。

だから理論だけです・・・

結局のところ
いまの科学ではここが限界なんでしょう。

それなのに世の中の多くの人は
科学がすべてかのように思っています。

だからスピリチュアルな視点で何か言うと

それ、科学的に証明されてないよね?
だったらそんなのただの絵空事じゃん。

などと言います。

その言葉、そのままお返ししましょう。

科学が言う地球外知的生命体の存在や
それを確認することが出来ない点について
結果的には絵空事と何が違うのでしょう?

だって理論上の話でしょう?

その証拠にさまざまな研究を繰り返しても
なにひとつ地球外知的生命体の痕跡を
見いだせていないじゃないですか。

もしもスピリチュアルな視点を否定するなら
こうした宇宙に関する科学的研究も
否定しなければおかしいと思いませんか?

科学者はスピリチュアルを否定しない

実はこうしてスピリチュアルを否定するのは
科学者たちではないんです。

こういうことを言うのは科学者ではなく
科学至上主義者たちです。
科学者と科学至上主義者は似て非なる存在です。

科学至上主義者は科学がこの世で
もっとも優れた学問であり
科学で証明できないものは認めません。

これに対し科学者は
科学が発展途上の学問であり
未熟なところだらけだと知っています。

ですから未知なことに関しては
未知であると素直に認めます。

科学で証明できない事柄に関しては
「それは科学で証明されていないため
真偽は不明」という言い方をします。

つまり肯定できない事柄に関しては
否定出来る確証がなければ否定もしません。

スポンサーリンク

で、地球外知的生命体はいるのかいないのか?

結局のところ
科学的には地球外知的生命体を「いる」と
断言できるには至っていないんです。

ここからは視点を変えて
スピリチュアルな視点で考えてみましょう。

私はヘミシンクの公認トレーナーですから
ヘミシンクの立場から考えてみますね。

ヘミシンクとは特殊な音響技術を用いた
テクノロジーの名称で、誰でも簡単に
変性意識状態へと意図的に誘導できます。

変性意識とは通常の意識状態とは異なる
意識状態の総称で、様々な意識状態があります。

例えば人は死ぬと肉体から意識が離れますが
死なずに肉体から意識が離れることも
可能なんです。

それが体外離脱と呼ばれる状態で
特殊な意識状態の時に肉体から意識が
遊離することが出来ます。

体外離脱以外にもさまざまな状態があります。

死後世界を探索したければ
死者のとる意識状態に誘導してやれば
生きたまま安全に死後世界探索が可能です。

時空を超えることも可能で
前世や過去世を探索することも可能です。

そして地球外知的生命体とシンクロする
意識状態に誘導できれば
地球外知的生命体とのコンタクトも可能なんです。

実際、ヘミシンクのセミナーの中には
ETとのコンタクトを試みるコースもあります。

ヘミシンクに関しては
以下の記事で詳しく説明していますので
併せてお読みくださいね。

▼関連記事▼
ヘミシンクについて、その真実の姿を専門家が余すことなく説明します

私もヘミシンクを用いて
地球外知的生命体とのコンタクトを
これまで何度も行ってきています。

マジかよ?

と思いますか?

それが本当なら証拠を見せてみろ!
といわれても、客観的な証拠はありません。

でも私自身は実際に体験していますから
他人になんと言われようとそれが本当だと
知っています。

でも考えてみてください。
科学だってなにひとつ確証を示していませんよ?
それと何が違うというのでしょう?

地球外知的生命体は確かに存在します。

科学が見落としていることとは?

科学では
地球外知的生命体の存在は認めるが
あまりに遠くにいるためコンタクト困難
といいます。

それなのに私は地球外知的生命体と実際に
コンタクトしたと言っている(笑)

いったいどちらが真実なんでしょう?

実は科学は重大なことを見落としています。
それは・・・

地球外知的生命体は物質とは限らない。

ということです。

科学は理論の裏付けとして観測します。
観測できてはじめてその理論が正しいと
証明されるわけですね。

しかしながら観測するためには
対象物が物質である必要があります。

当たり前だろ、と思いますか?

しかし世界には形を持たないもの
物質では無いものってたくさんありますよね?

例えば人間の感情です。

人間の感情は物質ではありませんから
感情の変化を観察することは困難です。

同様に意識も形を持ちません。

形を持たないものは
物理法則の束縛を受けることはありません。

つまり時間や空間の束縛がない。

物質は光の速さよりも速く移動することは
出来ませんが、物質でなければ
こうした束縛がいっさい無いんです。

ですからどんなに遠くでも
瞬間的に移動することが出来てしまいます。

地球外知的生命体が私と同様に物質ならば
科学者の言うとおり簡単にはコンタクト
できないでしょう。

しかし地球外知的生命体が物質ではない場合
彼らがどんなに遠方の星にいたとしても
簡単にコンタクト出来ます。

だって空間とか時間という概念そのものが
存在しない世界にいるわけですから。

科学はこの点を見落としています。

地球外知的生命体が物質ではない場合
物質としてのコンタクトをいくら試みても
それはムリな相談だと思いませんか?

まとめ

今回は地球外知的生命体とのコンタクトが
なぜ出来ないかについて考えてきました。

この広い宇宙にはさまざまな存在が
それこそ星の数ほどいることでしょう。

それらは私たちと同じように
物質的な存在かもしれないし
非物質的な存在かもしれません。

その中から物質的な存在のみに注目しても
あまり意味が無いのではないでしょうか?

UFOがとんでもない動き方をするとか
突如現れたかと思ったら瞬間的に消えたとか
それだけ見ても物質じゃなさそうだと
思いませんか?

物質ではない存在という視点を持つことで
今まで見えてこなかった新たな世界が
広がるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
宇宙
アナザーリアルをフォローする
〜アナザーリアル〜 スピリチュアルで見えるもうひとつの世界
タイトルとURLをコピーしました