プロフィール

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ヘッドホンから聞こえる音に驚く男

ようこそ、アナザーリアルへ!

アナザーリアル運営者のHiroです。
こちらはHiroのプロフィールページとなります。

住んでみたい町ランキングBEST3に常連の吉祥寺にほど近い住宅街に、妻と息子と3人暮らしです。

休みの日は吉祥寺までよく散歩して、好きなエスニック料理を食べ歩いたりしています。

 

進学校ではない都立高校に通い、まあまあの私立大学に進学し、勉強もせず毎日サークル活動に精を出していました。

所属していたサークルは「ジャズ研」で、サックスを吹いていました。

サックス吹きが好きなミュージシャンと言えば、チャーリー・パーカーかジョン・コルトレーンというのが定番でしょうが、私が好きだったのはハンク・モブレーというテナーサックス奏者でした。ハンク・モブレーは今でも大好きで、よく聴きます(笑)

 

大学卒業後、民間企業に就職し機械系エンジニア、企画などを担当。

その後この企業を退職し、一時期は自営業をやりましたがうまくいかず、再びサラリーマンに。

現在は某IT系企業でソフトウェアの営業をしつつ、土日はヘミシンクのトレーナーとして都内でセミナーを開催し、多くのセミナー参加者の体験のお手伝いをしています。

 

保有資格;
モンロー研究所公認アウトリーチ・トレーナー
アクアヴィジョン・アカデミー公認ヘミシンク・トレーナー

著書;
軽トラでやってきた神さま(ハート出版)

 

ヘミシンクについて、書籍やブログは数多く存在します。
しかしその多くは「・・・?」的な内容であり、信憑性もあまり高いとは言えないのが現状です。

そうした書籍やブログは、正しい情報を提供しているものもありますが、

なんでそうなるの?

と思わず首をひねってしまうような内容のものもたくさんあります。

また、十分な知識も情報もなく一方的に「ヘミシンクは危険」と決めつけているものも見かけます。

こうしたさまざまな情報が飛び交うなか、どうやって正しい情報を見極めれば良いのでしょうか?

その答えは、正しい情報を正しく伝えることができる人に聞く、です。

例えば、世の中には健康に関するさまざまな情報が飛び交っていますよね?

そうした情報の発信源は必ずしも専門家ではなく、健康オタクであったり、健康志向の一般人であったりもするわけです。

そしてそういう人たちが、痩せるためには○○が良い、とか、炭水化物をとらなければ肉や魚はいくら食べても良い、とか、野菜を水洗いするだけで大部分のビタミンは壊れてしまう、とか・・・

いったい、どれが本当でどれがデタラメなのか、素人の私たちには判断できません。

加えてTVでは、有名なタレントさんが「○○ダイエットで△△キロも痩せた!」なんて情報を毎日のように流しています。

そして私たちはというと、そういう情報に翻弄され、さまざまな健康器具とかダイエット食品、サプリメントとかを次々に買ってしまうわけです。

でも、けっきょく痩せない(笑)

こうした「ニセ情報」を掴まないためにはどうするか。

信頼のおける情報源からの情報だけを取り入れることです。

ではどうすれば信頼のおける情報源とそうでない情報源を見分けるのか?

正しい知識と十分な経験を持った専門家(健康やダイエットの場合は医者とか栄養士ですね)の情報だけを取り入れることです。

そうした専門家は、嘘は言いません。

なぜなら、嘘なんか言ったことが知れたら、その人の信用が落ちてしまうから。

だから発言には責任を持っているんです。

ヘミシンクも同じことです。

ヘミシンクはすごい!という人もいれば、あんなものインチキだ、危険だ、だまされるな!という人もいます。

どちらの意見が正しいか?

これを見極めたいなら、発言している人の素性を確認しましょう。

健康やダイエットに関しては、専門家である医者や栄養士のいうことを信じていれば間違いないように、ヘミシンクに関しては、専門家である「公認トレーナー」のいうことを信じていれば間違いありません。

ヘミシンクの公認トレーナーは、その立場上、無責任でテキトーなことは決して言いません。

なぜなら、公認トレーナーはその資格を得るために、高度なトレーニングを受けています。

そして厳しい基準をクリアして初めて、公認トレーナーになれるんです。

現在、モンロー研究所の公認アウトリーチ・トレーナー資格を持った人は、全世界で数十人、日本国内には十数人しかいません。

当サイトはモンロー研究所公認のアウトリーチ・トレーナーが、ヘミシンクに関する正しい知識と経験を以て情報発信していますので、信用に足る情報源と思っていただいて結構です。

もちろん、ヘミシンクだけでなく、さまざまなスピリチュアルな話題もふんだんに盛り込んでいますので、興味のある記事からお読みいただければ幸いです。

当サイトにお越しいただいたのも、きっと何かのご縁です。

どうか楽しんでいただきたい!

 

そのために精一杯、記事を書いています。

タイトルとURLをコピーしました