スポンサーリンク

天国も地獄もない!あなたの死後に待っている本当の世界とは?

スポンサーリンク

天国も地獄もない

死んだらどうなる?

生きている限り、どんな人でもいつかは必ず死にます。
死後あなたはどこに行きますか?
天国?地獄?それとも・・・

死後の世界に関してはさまざまな考え方があります。

生前の行いによって天国に行く人と地獄に落ちる人がいる。
悪い行いをした人は死んで地獄に落ち永遠に苦しみ続けることになる。
良い行いをしていれば、死後に天国で幸せに暮らすことが出来る。

これ、本当でしょうか?

本当のことを教えましょうか。
死後の世界には天国も地獄もありませんよ。
あるのは・・・

今回は死後の世界の真実について説明してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天国も地獄のないと言いきれる根拠とは?

いきなり結論から入りましたが、この結論にあなたは納得していますか?

まず、天国とか地獄って、人間が考え出した単なる「概念」に過ぎないって知ってました?
主に宗教において、信者たちを自分たちの教義・教条に従わせるために考え出されたものです。
神を信じよ、さすればどんな人でも救われる。悪い行いをしたなら神にすがれ。

要は「正義と悪」という相対する対象をつくり出し、人間の恐怖や不安を煽るんです。

どんな人間でも、善行だけで生きてきているなんてあり得ません。
程度の差はあれ必ず何かしら「後ろめたい」ことを多少なりともしてきているものです。
そして「救われたければ神に祈りなさい、そうすれば大丈夫」と優しく囁くわけです。

多くの人はこうして宗教にはまっていきます。

勘違いして欲しくないんですが、私は宗教を否定しているのではありません。
信仰を持つことで穏やかに生きていけるのなら、それはそれで存在意義はあると思っています。
ただ、信者の勧誘にこうした二元論的手法を用いているのは事実として知っておくべきです。

極論すれば、世界に宗教とか信仰がなければ、神も悪魔も天国も地獄も存在しなかったはずです。

天国も地獄も、もとからあったものではなく人間がつくり出したものなんですね。

天国に行ける、地獄に落ちる、という戒めの嘘くささ

さて、あなたも子供のころ親から「そんな悪いことばかりしてると死んだら地獄行きだよ」とか「真面目にまっすぐに行きなさい、そうすれば死んだあと天国に行けるから」なんて言われたことがあるのではないですか?

死んで地獄に行きたくないから、必死で良い行いに励み、悪いことは極力しないように生きてきた・・・そんな人も多いのでは?

でもよく考えてみてください。

あなたは死んだあと天国に行くために今を生きているのですか?
地獄に落ちないために今この生を「注意深く」生きているのですか?
死んだあとのことのために?

これっておかしくないですか?

自分は何のためにこの世に生を受けたのでしょう?
死んで天国に行くために生まれて来たのですか?
どう考えてもおかしいでしょう(笑)

多くの場合、親が自分の子供を思い通りにコントロールするために言う言葉です。

言うことを聞きなさい、言うことを聞かない子は悪い子よ、死んだら地獄行きよ!
ちゃんと良い子にしていれば、死んだあとも天国で幸せになれるから、ね。

こうして「人の言うことに従順な人間」が量産されていきます。
上の者の言うことを聞く人間が良い人間、優れた人間だ、その証拠に言うことを聞いて頑張ればいずれ出世できるじゃないか、世の中そういうものだ・・・

もう一度言いますが、天国も地獄もないんですよ。
親も宗教も、自分たちに従順な人間を創り上げるために天国とか地獄という空想の概念をうまく利用しているに過ぎないんです。

スポンサーリンク

天国も地獄もないなら、死後世界はどうなっているのか?

とはいうものの、世の中には「天国や地獄は確かにある」と主張する人がたくさんいます。

こうした人たちは嘘を言っているのでしょうか?
まあ、嘘を言っている人もいるのでしょうが、多くの場合天国や地獄があると「信じ込んで」いるんです。

信じ込んでいる、という言い方をしたのは多くの人たちは「自分の目」で見たわけではないからですね。
宗教の偉い人が「天国は本当に存在する」と言っている・・・だから存在するに違いない。

確かに死後世界の存在も含め、天国も地獄もその存在を証明することは不可能です。
でもせめて、人の言うことを鵜呑みにするのはやめませんか?
たとえそれが偉い人の言うことだとしても。

証拠を示すことが出来ないまでも、自分で確かめて確信を持つくらいのことは必要でしょう?
あの人がこう言ったからそうに違いない・・・そんな他人任せで良いんですか?

私はどんなに偉い人が言ったことでも、自分で確かめられることなら確かめてみるまでは信じません。
確かめて、ああ本当だ、あの人の言ったとおりだとなってはじめてその日と言うことを信じます。

天国や地獄が確かに存在する、と主張する人の中には「自分で確かめて」きた人もいることでしょう。
たとえば臨死体験をして、光に包まれた世界を見た・・・あそこはきっと天国に違いない・・・

これはOKでしょう、自分で体験してきたことから「自分なり」に出した結論ですから。

そういう人たちは「自らの体験」から天国や地獄があると主張しているわけです。
これは私も含め、誰も否定することは出来ません。
その人にとってそれは誰がなんと言おうと「真実」なんですから。

ただ、私は天国や地獄があるとは信じていません。
なぜなら私自身が天国も地獄も見ていない(体験していない)からです。
私は死後世界はもっと別のもの、として認識しています。

私自身が体験した「死後世界」とは

ご存知の方もいると思いますが、私はヘミシンクの公認トレーナーです。

ヘミシンクとは「音を用いた瞑想ツール」で、誰でも簡単に変性意識状態に脳波を誘導することが出来るアメリカ生まれのテクノロジーです。
これを用いることで「死者の意識がとる意識状態」へも誘導することが出来ます。

ヘミシンクについては以下の記事に詳しく説明していますので併せてお読みください。

▼関連記事▼
ヘミシンクについて、その真実の姿を専門家が余すことなく説明します

ヘミシンクを使って、私自身も死後世界を何度となく探索しています。
そして私が垣間見てきた死後世界は「天国でもなければ地獄でもない」世界でした。
そこは「中継点」と呼ぶに相応しい世界でした。

中継点?なにそれ?

そう思いますよね、説明が足りませんね(笑)
今まで生きてきて人生を終えて、次の人生を始めるための「中継点」です。
つまり、生と生の間の世界、言い換えれば「中間世」とでも言いましょうか・・・

死後世界は「中継点」

人間は死ぬと、今までの人生における学びをもとに次の人生設計をします。

たとえば、これまでの人生では「他人とのコミュニケーション」がうまく出来なかった。
だから次の人生では他人とのコミュニケーションをテーマに生きてみよう・・・
そのためにはどの時代のどの国に生まれるのが良いのか、どの両親の元に生まれるのが良いのか、どんな境遇で成長するのが良いのか、などなどを計画するわけです。

また、これまでの人生の「終わり方」が穏やかではなかった人の場合、傷ついた自分を癒やす必要があります。
そのために穏やかでリラックスできる「素敵な場所」が用意されていたりするんですね。

こうした場所を臨死体験などで垣間見た人が「うわ、ここはきっと天国だ」とか思ったのかもしれませんね(あくまで私の想像ですが)

また、これまでの人生の終え方によってはこの世に多大な「未練」を残してしまうこともあり得ます。
そうした場合、スムーズに「中継点」に移行してくることが出来ない人もいるわけです。

死後世界にはそうした人たちの意識が「囚われている」世界もあります。

自分が死んだことに気付かない、死んでも死にきれない、という思いがこの世に対する強い未練となってがんじがらめになってしまう・・・
こうした世界のことを地獄、と表現しているのかもしれませんね。

ただし、この「囚われの世界」は生前の行いとは無関係です。
良い行いをしていたとしても、とんでもなく悪い行いをしていたとしても、その「行い」によって囚われるのではないということです。

こうした「囚われの世界」に囚われている人たちは、自分が囚われていることに気付けば「中継点」に移行することが可能です。

事ほど左様に、私がヘミシンクで実際に体験した死後世界は天国とか地獄のような世界観とは全然違ったものだったんですね。

まとめ

今回は天国や地獄がない、という私自身の体験をもとにした死後世界観について説明してみました。

ただし、今回説明した死後世界について、あなたは無防備にそのまま鵜呑みにしてはいけません。
是非ともあなた自身で「死後世界」を確かめてみることをおすすめします。

本来、死後世界は生きているときには体験できませんでしたがヘミシンクを使えば誰でも安全に死後世界を垣間見ることが可能になっています。
興味があるなら、一度試してみることをおすすめします。

もしかするとあなたが垣間見る死後世界は私が垣間見たものとはまったく違うかもしれませんよ?

▼関連記事▼
人は死んだらどこへ行くのか?明るい終活のための正しい情報

 

タイトルとURLをコピーしました