スポンサーリンク

成仏できない霊はどうなる?知られざる死後世界の真実とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

浮遊する白い布

※以下の記事は、2020年6月16日に加筆しました。

あなたは死後世界について、どの程度ご存じですか?

よく心霊現象について、成仏できないでいる霊だからしっかりと供養してやるといい、とか聞いたことないですか?

ということは、霊には2種類あるということですよね。

・成仏できた霊
・成仏できない霊

ここで疑問。

なぜ霊によって成仏できたりできなかったりするのでしょう?

今回は、こうした知られざる死後世界の真実について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成仏できない霊って、どうなるの?

まず、成仏という言葉ですが、これは仏教用語です。

本ブログは仏教の用語について解説するものではないため、成仏という言葉の意味について説明はしません。

正確かどうかは別にして、一般的に私たちが理解している「成仏」の意味とは、死んだ人があの世の「行くべきところ」に行けたかどうか、行けた場合を成仏できたと表現するということですね。

ここで素朴な疑問です。

なぜ人は成仏したいと望むのでしょうか?

そもそも、あの世の「行くべきところ」とは、どこのことでしょうか?

これについては宗教や思想、哲学などによりさまざまな解釈があり、科学のようにひとつの答えがあるわけではありません。

しかし、それでは話が先に進めようがありませんので、ここでは「行くべきところ」を以下のように定義したいと思います。

行くべきところとは、

今の人生と次の人生の「中継点」である。

この考えは、人が今の人生を終えた後、次の人生を始める、いわゆる「生まれ変わり」を前提にしています。

生まれ変わりについては、ここで説明しきれないほど多くの疑問が存在しますので、以下の記事にまとめましたので宜しければ併せてお読みください。

▼関連記事▼
生まれ変わりの期間について、誰でも分かるように説明してみた!

成仏できない理由とは?

さて、人は死後、行くべきところに行くわけですが、すべての死者が行くべきところにスムーズに行き着けるわけではありません。

これについても、さまざまなことが言われています。

ここではっきりと言いますが、良いことをした者は成仏できて、悪い行いをした者は成仏できない、みたいなことは「いっさいありません」から、まずはご安心を。

そういう「善悪」の考えは、人間が生きていく上で勝手に創ったものであり、それが死後に影響するなんてことはありません。

善人は天国に行き悪人は地獄に落ちる、というのは特定の宗教や道徳教育ではあっても、死後の世界に善悪なんて概念はありませんから。

この考え方はまことに「物質的」です。

光と影、表と裏、勝ちと負け、好きと嫌い、善と悪・・・

相対するふたつの考え方をすることで、物質世界では物事を考えやすくしていますが、死後世界にはこうした「二面性」は存在しません。

なぜなら、死後世界は「非物質世界」だからです。

物質が存在しない以上、光も影も、表も裏も、勝ちも負けも、好きも嫌いも、善も悪も存在しません。

では、どんな理由で「行くべきところ」に行けないのでしょうか?

正確な割合は定かではありませんが、けっこうな割合の人たちが、行くべきところに行けずにさまざまな場所で「囚われて」しまっています。

実はこうして「囚われて」しまう理由はたったのふたつだけです。

そのふたつについて、これから詳しく説明しますね。

ひとつ目の理由:死んだことに気付かない

例えば、突然の事故などで命を落としてしまった人の中には、あまりに急な出来事だったため、自分が死んだことに気付いていない人がいます。

こうした人は、そこが「死後世界」であることにも気付かず、ずっとその場に居続けます。

事故を起こしてしまった、たいへんだ、誰かに助けを求めなきゃ!

とか思うことはあっても、自分が死んでしまったことには気付いていないんです。
そして誰か助けてくれる人が来るのをその場で待ちます。

死後世界では時間の感覚がありませんから、何十年何百年もそこに居続けたとしても、本人はものの数時間程度だと思い込んでいます。

たまにそこを通る「生きた」人の意識と波長が合ったりすると、それが霊として目撃されたりするわけです。

これが一般的に言われている地縛霊というやつですね。

自分が死んだことに気付いていないため、その場所に意識が囚われてしまい、身動きできない。

まあ本人は身動きできない、という感覚すらないとは思いますが、なんだか分からないけどずっとそこに居続けちゃってるわけですね。

これ以外にも、長期間にわたって病気療養を続けていてそのまま亡くなったりした場合、自分が死んでしまったことに気付かずずっと病院の病室に寝ている(意識が病室に囚われてしまっている)なんて例もあります。

共通しているのは「自分が死んだことに気付いていない」ということです。

これがひとつ目の理由です。

スポンサーリンク

ふたつ目の理由:この世に強い未練がある

また、この世に強い未練を残して命を落とした人、というケースもあります。

これは誰かに騙されて多額の借金を抱え込んでしまいどうにもできなくなって死を選んでしまった人とか、学校でいじめに遭い地獄のような日々に耐えられなくなって死を選んでしまった子とか、不治の病にかかってしまったお母さんが幼い子供を残して死んでいった場合とか・・・

このような場合、その死は自分にとって不本意であるために、この世に強い未練を残すことになります。

自分を騙したあいつが許せない、とか、自分をいじめた○○ちゃんが憎い、とか、小さな子供がちゃんと成長していけるか心配、とか。

そうすると、死んで死後世界に移行したとしても、意識はこの世(の特定の人や物)に囚われてしまったままの状態です。

こうなると、あの世の「行くべきところ」に行けなくなってしまいます。

こうした意識が生きた人に目撃されるのが「浮遊霊」と呼ばれるものですね。

特定の人や物に囚われていますから、囚われた人がどこにいようとも、ずっとついて回るわけですね。

これがふたつ目の理由です。

これ以外の理由について

さて、巷には上記の2つ以外にもさまざまな「成仏できない」理由が溢れています。

はっきり言いますが、それらはみんな「嘘」ですから。

信じちゃいけませんからね、気をつけてくださいね!

その辺の詳細については、以下の記事に説明しましたので併せてお読みくださいね。

▼関連記事▼
○○すると成仏できない、は嘘だらけだから絶対に信じてはいけない!

成仏できない霊はある意味「気の毒」な存在

地縛霊にしても浮遊霊にしても、実はとても気の毒な存在である、ということが分かります。

だって本来行くべきところに行けずに、この世とあの世の狭間の中途半端なところで囚われてしまっているわけですから。

そうなってしまった霊だって、なにも好きこのんで囚われているわけではありません。

本来なら「行くべきところ」にちゃんと行って、次の人生のスタートを切るのが望ましいのですから。

怖がらず、行くべきところに行けるようにしてやる

こうした気の毒な霊を、囚われから解放してやるのが、いわゆる「供養」というやつですね。

そういう霊に「あなたはそこにいるべきではない、ちゃんと行くべきところに行きなさい」と気付かせてやる。

そうすることで、その霊が本来行くべきところに移行していくことができれば、成仏できた、ということになるわけですね。

できることなら、こうした「囚われ」の状態にいる霊を一人残らず「行くべきところ」に連れて行ってあげたいものですね。

まとめ

今回は、成仏できない状態とはどういう状態なのか、について説明してきました。

生きている私たちからしてみると、成仏できていない霊は「地縛霊」や「浮遊霊」として認識されることが多いため、ある意味怖いと感じるかもしれません。

でも、彼ら(霊たち)にしてみれば、好き好んでそんな状態にいるわけではないということなんです。

できることなら、ちゃんとあの世の「行くべきところ」に行けた方が良いに決まっています。

ですから、怖がってばかりいるのではなく、そうした「気の毒」な霊を救ってあげることも考えてみてはいかがでしょうか?

え?
救うって、どうやって?

その辺については、以下の記事に詳しく説明していますので併せてお読みくださいね。

▼関連記事▼
魂を救出するって、けっこう簡単に誰でもできるって知ってた?

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

▼関連記事▼
あの世とは?その世界観や仕組みについて納得のいく説明を試みる

 

タイトルとURLをコピーしました