スポンサーリンク

ヘミシンクで死後の世界をほんとうに体験・認識できるのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ヘッドホンで意識が拡大していく

死後の世界を死なずに体験できる・・・?

普通に考えたらそんなこと、出来るはずがありませんよね。

だって、死後の世界ですよ?

死後の世界は死んでから行くところです。

だから「死後」の世界なんですよね。

それを生きたまま垣間見たり体験したり・・・なんて出来るわけないでしょう(笑)

臨死体験だって、あれは「死後」を見てきたものではなく「死の瀬戸際」を見てきたに過ぎないんです。

それだって、一歩間違ったら本当に死んでしまったかもしれないギリギリの体験です。

まあ、臨死体験はしようとしてできるものではなく、九死に一生を得るような出来事に遭遇した人だけが「偶然」してしまう体験ですが。

それなのに、死後の世界を体験できるなんて有り得ない!

そうお思いですか?

本当に?

実はこれが出来ちゃうんです。

それも当然、死の危険を伴うような危ない方法ではなく。

今回は「安全」に死後の世界を垣間見る方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘミシンクで垣間見る死後世界とは?

まず、科学的には死後の世界そのものが否定されているため、そもそも議論すら出来ませんが、スピリチュアル的には死後の世界は「存在する」という立場をとります。

普通に考えれば、死後の世界は「死んでから行くところ」ですよね?

死んでから行くところである以上、生きたままではいけないと考えるのが一般的だと思います。

ですが、それは「生きた体を持ったまま」行くことが出来ない、という意味です。

死後世界は非物質の世界

人間、死ねば肉体を失います。

そして意識だけの存在となり、死後世界へと移行していくわけですが、この考え方だと「肉体」は死後の世界に行くことは出来ないが「意識」は行くことが出来る、となります。

人間は、肉体と意識から出来ていると考えられますから、世間一般でいうところの「死」とは、肉体が機能を失うことだと言えます。

肉体が機能を失っても、意識は残りますから、意識は機能を失った肉体から離れます。

そして意識は物質のない「非物質世界」へと移行するわけです。

この「非物質世界」が死後の世界だと考えることが出来ます。

つまり、死後世界とは非物質世界であり、ゆえに物質である肉体を持ったまま行くことが出来ない。

ここで、ひとつの疑問が出てきます。

生きたまま肉体を離れることは可能か?

生きたまま、意識が肉体を離れることは出来ないのだろうか?

そうすれば、意識だけで非物質世界、すなわち死後世界を垣間見ることが出来るのではないか・・・

なにやら突拍子もない考えのように聞こえるかもしれませんが、実はこれが出来ちゃうんです。

あなたは「体外離脱」という言葉を聞いたことはありませんか?

体外離脱・・・なにが体外に離脱するのか?

意識です。

人間が生きたまま、意識が肉体から離れてしまうことを「体外離脱」もしくは「幽体離脱」といいます。

この現象は比較的よく知られていますので、聞いたことがあると思いますが(笑)

意識が肉体を離れ、寝ている自分自身をみるとか、肉体から抜け出して壁をすり抜けて隣の部屋に行ったとかいうやつです(笑)

臨死体験もある意味、この体外離脱体験の一種と考えられています。

いずれにしても、体外離脱が出来れば肉体の存在しない世界、非物質世界を体験することは出来るということです。

そんな無茶苦茶な・・・
そういう体験は意図して出来るものではないでしょう?
たまたま体験しちゃったとか、そういうレベルの話でしょ?

違います。

意図的に意識を肉体の束縛から自由にすることは可能なんです。

その方法とは?

ヘミシンクです。

ヘミシンクというアメリカ生まれの音響技術を用いることで、誰でも簡単に非物質世界を体験することができてしまいます。

ヘミシンクによる非物質世界探索

ヘミシンクは、ヘッドホンで特殊な音を聴くことで、意識を肉体の束縛から解放することが出来ますので、非物質世界を自由に体験・探索することができます。

これにより、人が死後にどのような世界に行くのか、そしてその世界がどのようなものなのか、さらに別の人間として新たな人生をスタートさせるために、意識のとるプロセスなどを垣間見ることが出来ます。

それにより、人は肉体だけの存在ではないこと、肉体は有限でも意識は無限に存在し続けること、さらには非物質世界の体験を通して得られるさまざまな知見を得ることが出来ます。

ヘミシンクについての詳細は、以下の記事をお読み下さいね。

関連記事:ヘミシンクとは。聞き慣れない言葉だけどどのようなものだろう?

もうひとつの疑問

ここで、さらに疑問が出てきます。

ヘミシンクで体験できる非物質世界、すなわち死後の世界は本当に死後の世界なのか?

この疑問については「本当です」とお答えさせていただきますが、いかんせん証拠がありません。

なぜなら死後世界は非物質世界ですから「死後世界はこうなっています」という「形」で示すことが不可能だからです。

これが、死後世界の存在そのものを科学が認めない理由でもあるわけですが・・・

ヘミシンクで垣間見る死後世界が果たして本物か否か。

それはあなた自身が体験して、自分自身で答えを出すしかありません。

まとめ

今回は、死後世界をヘミシンクで体験することが出来るのか、について説明してきました。

私の結論は「できる」ですし、実際に私自身はヘミシンクを通じて数多くの世後世界探索を体験してきています。

とはいうものの、証拠を示すことができないために、それが本当なのかどうかをあなたに納得いただくのは難しいでしょう。

百聞は一見にしかずです。

もし興味をお持ちなら、いちどヘミシンクをお試しになると良いですよ。

答えはあなたのなかにのみ、あります。

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました