スポンサーリンク

盛り塩なんてやめたほうがいい?盛り塩の効果についてスピリチュアルな視点から徹底的に解説します

盛り塩なんてやめたほうがいい

邪気を払うために家の様々な場所に塩を盛って置く「盛り塩」

この盛り塩ですが、効果があるという声と効果が無いという声、そして正しく盛り塩しないと逆効果などいろいろ言われています。

中には「ちゃんとやらないと逆効果どころか危険」とまで言う人も。

で、本当のところはどうなんでしょうか?

結論から言えば「やめておいた方がいい」です。

その理由は危険だからではなく「意味が無い」からです。

今回は盛り塩の効果について、正しいスピリチュアルな視点で解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ盛り塩はやめたほうがいいと言われるのか?

盛り塩について書かれている記事を読んでみると、盛り塩には魔除け・厄除け・開運などの効果があり、お皿に粗塩を盛って家の東西南北や鬼門と言われる北北東や裏鬼門と呼ばれる南南西に置くことで高い効果が期待できると。

そして正しいやり方をしないと逆に悪い気や霊などを引き寄せたりしてしまい、最悪とりつかれてしまうこともある、と。

つまりやるならちゃんと正しい方法で、それが出来ないならやるなということのようです。

私の反論は後半で徹底的にしていきますが、そうした盛り塩の信者たちの言い分をまずは見てみましょう。

 

そもそも盛り塩の目的とは?

もともと盛り塩の習慣は奈良時代に中国から伝わったという説があり、かなり古くから行われています。

そして盛り塩には厄除けや魔除けの効果があり、家の正しい場所に置くことである種の結界を張ることができると信じられています。

これとよく似た風習として、葬式の後に家に入る前に塩を体に振りますが、これは塩に穢れを祓い清める効果があるとされているためです。

はっきり言いますが、これは完全にナンセンスです。

ただの塩ごときにそんなお祓い効果なんて有るわけありません。

仮に何かの霊があなたに付いてきてしまったとして、家の前で塩を振ることで本当に祓い清められると思いますか?

霊って非物質の存在ですよ?

非物質の存在に、物質である塩を振ったぐらいで何の効果もありませんから。

 

盛り塩は正しい方法で置く必要がある

盛り塩はやめたほうがいいというのは、正しく置かないと逆効果だからというのが理由のようです。

前段で私は塩なんて何の効果もないと書きました。

だって塩ですから。

霊をなめてはいけません。
塩を盛って置くなんてことで何かの効果を期待すること自体に無理があります。

古い話題で恐縮ですが、コアラのマーチのいうお菓子で眉毛のあるコアラを見つけると幸せになれるとか言いましたが、それと同じくらい無意味なことですから。

ですからそもそも正しい置き方も間違った置き方もありません。

どうやって置いたところでただの塩。

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

盛り塩を置く場所とやめておいた方がいい場所

はい、これもおわかりですよね?

どこに置こうが効果が無いことに変わりはありません。

貴重な塩ですから、そんなくだらないことのために使うのではなく毎日の美味しい料理のために使うべきです。

奈良時代から行われている風習かもしれませんが、歴史があるからと言って効果があるとは限りません。

とにかく盛り塩なんかには何の効果も無いことを、まずは頭にたたき込んでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

スピリチュアルな視点で盛り塩の効果について解説すると

さて、ここまで盛り塩について一刀両断にしてきましたが、スピリチュアルな視点から考えた場合に盛り塩にはどんな意味があるのでしょうか。

え、そもそも盛り塩を置くこと自体がスピリチュアルなんじゃないの?

はい、多くの人はそう思っていますがそれは「効果の無いスピリチュアル」です。

はっきり言いますが、こういう意味の無いスピリチュアルっていっぱいあるんですよ。

だからくれぐれも騙されないようにしてくださいね。

 

あなたは呪いをかけられているようなもの

盛り塩に関しては、厄除けや魔除けの効果があるとか、正しいやり方でやらないと逆効果で恐ろしい目に遭うとか言われるので、ほとんどの人はよく考えもせずに信じてしまいます。

厄除けとか魔除けの効果があると言いますが、仮に効果があったとしてそれが盛り塩をしたからだとどうして分かるのでしょうか。

なんだかよく分からないけれど、盛り塩をしておけば魔除け・厄除けになるらしいからとりあえずやっておこう、みたいな感じでしょう?

そして、正しい方法でやらないと逆効果でとんでもないことになる、とか言われれば、なんか怖いからちゃんとやっておこうって思いますよね。

これってあなた自身が盛り塩を信じている人たちに「呪いをかけられている」ようなものです。

だってそうでしょう、本当に効果があるかどうかも分からないにもかかわらず、それが本当かどうかなんて調べることもしないで「ちゃんとやらないと怖いことになりそうだから」とか言ってやっちゃうんでしょう?

それで盛り塩を上手にするための道具とか買っちゃうわけですよね。

いいカモですね。笑

 

スピリチュアルなら何でもありかよ?

もう少し自立しましょうよ。

なんだか知らないけど盛り塩をすれば魔除け・厄除けになるとかいうのを鵜呑みにして家の至る所に塩を盛っているなんて、完全にスピリチュアル依存症ですからね。

スピリチュアルだからって何でもあり、とばかりにデタラメを吹聴している人がたくさんいますが、それもこれもあなたが自立していないのが悪いんです。

ちゃんと自立して、正しいことと正しくないことくらいは自分で見極めましょうよ。

非物質世界の存在に対して塩を盛るくらいのことで、何らかの効果があると思うならそれはあまりにもお花畑と言わざるを得ません。

でも実際に盛り塩をしたことで効果があったと主張する人もいるのでは?

との反論が聞こえてきそうですね。

先ほども言いましたが、それが盛り塩の効果だってどうしていえるんですか?

はっきり言いますが、効果があったとすればそれは盛り塩の効果を信じたことによりあなた自身が結界を張った結果だと思いますよ。

盛り塩をしたからこれで安心だ、もう悪いものはよってこないはずだ。

そう信じ込むことにより、あなた自身であなたの周りに結界を張るんです。

これはあなたが意識しようがしまいが「あなたの思い」が結界を張ってしまうんです。

あなたの思いというのは、あなた自身の意識の力ですから、これは大きなパワーを持っています。

塩を盛るなんてこととは比べものにならないくらい大きなパワーを持っています。

ですから盛り塩に効果があったと感じるのであれば、それは盛り塩の力などではなくあなた自身の力ですから。

あなたには、あなたが思っている以上に強い力があります。

そんな塩を盛るとか、くだらないことに頼ったりしないでも十分に魔除け・厄除けくらいは出来てしまうパワーを持っているんです。

自分の力を信じて、自分以外のものに頼るのはそろそろやめにしませんか。

 

結局のところ

今回は、盛り塩について解説してきました。

盛り塩に何らかのパワーがあるなんて、間違っても思ってはいけません。

なんで多くの人たちは、簡単にこんな適当なデタラメに騙されてしまうのでしょう?

お守りだって、工場で大量生産されている「工業製品」に過ぎませんが、あれは神社で神主さんが「思い」をお守りに入れ込んでいるからそれなりに効果が期待できるんです。

つまり、お守り単体では何の効果も無い。

それに人が「思いを込める」からパワーを持つんです。

盛り塩も同じこと。

あなたが盛り塩を信じればそれなりの効果はあるでしょう。

でもそれは盛り塩自体の効果ではなく、あなた自身の「思い」ですから。

だとすれば、盛り塩なんかしなくてもあなた自身がしっかりと「思い」さえ持っていれば魔除けだろうが厄除けだろうが出来てしまうと言うことです。

だから、盛り塩なんてやめたほうがいいです。

意味が無いから。

 

ということで今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました