スポンサーリンク

パワーストーンは危険!持たない方がいい人の特徴と厄除け・浄化効果の真実とは?

スポンサーリンク

パワーストーンを持たない方がいい人の特徴とは

男女を問わず、パワーストーンが大人気ですね。

お気に入りのパワーストーンでブレスレットを作って腕にはめている人や、ペンダントやブローチにして常に身につけている人、部屋に飾って魔除け・厄除けの代わりにしている人・・・

特にカラフルなパワーストーンを旨く活用すれば、意思のパワーと日常使いのアクセサリーの両方の使い勝手が得られる・・・なんて。

でもあなたはパワーストーンについてどの程度ご存じでしょうか?

ちゃんと理解して持たないと逆効果どころか危険!とかいう人もいれば、ただの石ころに効果なんてあるわけないじゃん、という人までさまざまですね。

そこで今回はこのパワーストーンについて、特にその効果や危険性について解説していきたいと思います。

最初にお断りしておきますが、本稿はほかの占いサイトや怪しげなスピリチュアル系サイトのように両手放しでパワーストーン凄い!みたいなことは一切書いていません。

とにかくパワーストーンが凄いことは分かっているからその効能や正しい使い方が知りたい、という人は当記事を読んでも何も参考になるものはありません。

パワーストーンの効能や危険について、いろいろ言われてるけど本当のところどうなのよ?

という疑問をお持ちの人にはきっと満足いただける内容だと思います。

では早速始めていきますね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワーストーンは効果ないとか危ないとか・・・本当のところは?

パワーストーンが好きな人はご存じと思いますが、その種類たるやもの凄くたくさんありますよね?

そのひとつひとつにさまざまな効果効能があって、それを身につけることで気持ちが落ち着いたりリラックスしたり、ネガティブなエネルギーから身を守ってくれたり・・・

そしてマニアの域になると、この石とこの石は相性が良いとか悪いとか、ものすごく細かい効果や危険性などを説明してくれます。

タイガーアイは金運に効くのでブレスレットにして身につけると良いよとか、ムーンストーンは二人の絆を深めてくれるとか、トルマリンはストレス解消に良いよ、とか・・・

でもタイガーアイのブレスレットをしている人がみんな金運が上がるわけではありませんし、中には金運が下がったのでは?と思えてしまうような状況になる人も少なからずいます。

ある占い系のサイトでは、ムーンストーンを身につけることで恋人同士の愛が深まり結婚できた、これもムーンストーンの効果だとか書いていました。

でもこれ、本当でしょうか?

もしこの二人がムーンストーンを身につけなかったら結婚できなかったのでしょうか?

本当にムーンストーンの効果かもしれませんが、単なる偶然でも説明できるレベルの出来事だと思いませんか?

他にもパワーストーンの効果を示す実例がいくつも紹介されていましたが、どれもこのムーンストーンの実例と似たレベルのものばかり・・・私にはそれを「効果」なんて言って良いの?と思えてなりません。

まあ、信じるものは救われる的な考えに立てばこれもパワーストーンの効果なんでしょうが。笑

 

スポンサーリンク

 

パワーストーンを持たない方がいい人ってどんな人?

パワーストーンが本当に効果があるのかについては後段で述べたいと思いますが、ここではパワーストーンを持たない方がいい人について説明しますね。

パワーストーンの効果うんぬん以前に、そもそもパワーストーンを持たない方がいい人っているんです。

どんな人かって?

以下に説明しますね。

 

他人に依存しがちな人

まず「他人に依存しがちな人」は持たない方が良いです。

何でも自分が主体となり問題を解決していく意思の希薄な人がパワーストーンを持ってしまうと、パワーストーンの効果に依存してしまいます。

健康運を高めるといわれるブラッドストーンを買ったから、これでもう健康に関しては安心だ。

なんて思い込んでしまうような人、いますよね?

こういう人がパワーストーンを持つのは危険です。

パワーストーンが危険なのではなく、パワーストーンの効果に依存してしまうことが危険なんです。

極端な例を挙げると、仕事運アップのためにサンストーンのブレスレットを身につけたので出世間違いなしだ、なんて思い込んでなにも努力しなければ出世はおろかリストラの対象になってしまうかもしれませんよね?

このように自分で何かを成し遂げる気概のない人はパワーストーンを持たない方が良いです。

 

自分の頭で考えず人の言うことを盲目的に信じてしまう人

自分の考えやしっかりした軸を持たない人、人の言うことを鵜呑みにしてしまう人もパワーストーンを持つのは危険です。

誰かが「○○というパワーストーンは△△に有効だからもっておいた方が良いよ」なんて言っているのを聴くと、それをそのまま鵜呑みにしてしまうような人ですね。

Aさんがこう言ったから、Bさんが勧めてくれたから、Cさんが持ってみて凄く良かったって言っていたから・・・

そのうちにあなたの部屋はパワーストーンだらけになってしまうでしょう。

またこういうタイプの人は「パワーストーンは定期的に浄化しましょう」と言われれば真面目に言われたとおりの手順で浄化を繰り返しますし、ブレスレットは右腕ではなく左腕にした方が良いと言われれば何も疑わずに左腕に付けます。

ですからこういう人のパワーストーンが割れたりした日には、もう大騒ぎです。

どうすれば良い?誰か教えて!

落ち着きましょう。笑

ね、こういうタイプの人もパワーストーンは持たない方が良いって分かりますよね?

 

スポンサーリンク

 

パワーストーンなんて所詮は単なる石ころに過ぎない?

さて、そろそろ結論を言いましょうか。

パワーストーンには本当に効果があるのか?

ないです。

あったとしても気づかないくらい僅かでしょう。

パワーストーンに限らず、世の中に存在する全てのものは固有の振動(周波数)を持っています。

これは石のような物質だけでなく、家具とか家とかクルマとかも固有の周波数を持っています。

そしてあなた自身も固有の周波数を持っているんです。

あなたの持つ固有の振動数に共鳴するものはあなたにとって「好ましく」思え、共鳴しないものは「不快」に感じます。

これは人間関係にも言えることで、気の合う人と馬が合わない人っていますよね?

これはあなたの周波数と関係しているんです。

パワーストーンも当然ながら固有の周波数を持っています。

その周波数があなたと合うか合わないかで、そのパワーストーンを気に入ったり気に入らなかったりすることはあります。

ありますが、これはパワーストーンに限らずそこらへんに転がっている石ころでも同じことなんですよ。

あなたの住んでいる家の周りに転がっている石ころを近所の子供が蹴飛ばしてどこか離れた場所に運んでいったからって、あなたの運が変化すると思いますか?

パワーストーンだって同じです。
ただの石なんですから。

それを身につけるか身につけないかで何かが変わるなんて思わないことです。

ただ独特な色に輝いていたりとか、複雑な結晶構造が目を引いたりするから、なんとなく特別な感じがしてしまいますよね?

そんな視覚効果を利用して、いろんなスピリチュアル系の人がパワーストーンの効果効能についてまことしやかに語るため、それを疑うこともせずに信じてしまっているにすぎません。

そもそも本当にパワーストーンに効果があるなら、タイガーアイのブレスレットを付けている人は全員お金持ちになっているはずでしょう?

いくらきれいに輝いていたとしても、ただの石にそんなパワーがあるはずがありません。

あるとすれば、きれいな石を持つことによるちょっとした高揚感程度のものはあるかもしれませんがせいぜいそんなものです。

結局は占いと大差ない程度の効果しかないと思った方が良いです。

繰り返し言いますが、パワーストーンは石に過ぎませんからね。

 

結局のところ

今回はパワーストーンの真実と、パワーストーンを持たない方がいい人について説明しました。

パワーストーンは完全にスピリチュアルビジネスです。

ビジネスである以上、パワーストーンを売るために美辞麗句を並べ立ててひとつでも多く売ろうとするのは売り手としては当然のことです。

そういう人たちが言っていることをよーく聴いてください。

効果効能の語尾はたいてい「・・・といわれています」となっていませんか?

事ほど左様に、パワーストーンに効果効能を期待するとたいていの場合裏切られます。

きれいな石で出来たアクセサリー、くらいに思って身につける分には害もないでしょうが。笑

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました