スポンサーリンク

奇跡が起きる音楽の口コミは信じられるか?裏付けのない情報を鵜呑みにする危険性を解説

スポンサーリンク

奇跡が起きる音楽の口コミは信じられるか

あなたは聴くだけで奇跡が起きる音楽の存在をご存知でしょうか?

え、音楽を聴くだけで奇跡が起きるって?
そんなことあるわけないだろう。
なんだ奇跡って?

聴くだけで奇跡が起きる音楽。

これだけの情報で判断しろと言うほうがおかしいんです。

そもそも何を以て奇跡と言っているのか。

それすらも曖昧なままにことの真偽を判断出来ませんよね?

と言うわけで今回は奇跡が起こる音楽について、それがどんなものなのか、そして実践者の口コミは果たして信用できるのかについて徹底的に深堀りしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも奇跡が起きる音楽って?

さて、奇跡が起きる音楽っていったい何なんだ?

音楽もさることながらどんな奇跡が起きると言うのか?

まずはこの辺から解説していきましょう。

 

奇跡についての定義

奇跡という言葉はいかにも大袈裟ですが、要は普段私たちが生活している中ではそう簡単には起きないような出来事、もしくはサイエンスでは説明のつかない出来事・・・を「奇跡」と定義したいと思います。

こうした奇跡を起こす音楽とはどんなものでしょうか?

その音楽を聴くことでサイエンスでは説明できないことが起きてくる・・・

とまあ、こんなふうに言えるのではないかと思います。

音楽ですから一般的には耳で聴きますが、この「聴く」という行為が私たちに何らかの効果をもたらすわけですね。

聴くことで何に影響を与えるのか、といえばこれはその音楽を聴いている人ということになります。

世間一般的にはこうした「聴くことによって聴き手に何らかの作用を及ぼす」音楽として以下の2つが有名です。

・サブリミナル音楽
・ヘミシンク

では順にこれらについて説明していきましょう。

 

サブリミナル音楽で奇跡は起きるのか

サブリミナル音楽とは

あなたは「サブリミナル効果」という言葉を聴いたことがあるでしょう。

サブリミナル効果とは、潜在意識に何らかの刺激を与えることにより知覚に影響を与えることを言います。

そもそもサブリミナルとは「潜在意識の」という意味の言葉ですから、表面化していない意識すなわち潜在意識に働き掛けることというわけです。

サブリミナル効果は主に視覚、聴覚、触覚に現れると言われています。

サブリミナル効果として有名なのは、アメリカで1957年に行われた実験です。

映画のフィルムに瞬間的に挟み込まれたメッセージ(コーラを飲め、とかポップコーンを食べろ)が書かれたスライドが1/3000秒間だけ映し出されます。

1/3000秒という瞬間的な画像ですから、そんなメッセージが書かれたスライドが映し出されているなんて、観ている人は全く気付きません。

ところが映画が終わると人々はコーラを買いポップコーンを食べたそうです。
コーラについては18%、ポップコーンについては57%も売り上げが増えたという結果でした。

この実験から私たちは顕在化されていない意識が物事を知覚できることがわかったのです。

この実験のように、サブリミナル効果は潜在意識に直接はたらきかけるためマインドコントロールなどに悪用される可能性があることから、日本を含め多くの国でこうした表現方法は禁止されています。

 

サブリミナル音楽とは

このようにサブリミナル効果は「視覚」に関する効果が有名ですが、聴覚においても影響を与えることが出来るとされています。

つまり、聴くことにより潜在意識に何らかの効果がある音楽をサブリミナル音楽といっています。

サブリミナル音楽の謳い文句の多くは「音楽にサブリミナル効果を持たせることで意識に変化をあたえ幸せに導く」というものです。

なんとなく言っていることは理解できなくもないですが、サブリミナル音楽っていったいどのような原理に基づいているんでしょうか?

 

サブリミナル音楽の原理

サブリミナル音楽について調べてみても、明確な原理について説明しているものは見つけることが出来ませんでした。

潜在意識に働き掛けることで、自然と運が向いてくるとか、気付けばお金が手元に、なんていう類いの記事はいくらでも出てきますが、なぜそのようになるのかを説明しているサイトは残念ながらありませんでした(私には見つけることが出来ませんでした)

どういう原理で「潜在意識に働き帰ることが出来るのか」が明確に説明できないものは、私は個人的には信用できません。

奇跡を起こす、という触れ込みならばサイエンスを超えたものでしょうから、サイエンスに基づく説明が出来なくともせめて納得できるレベルの説明が欲しいところです。

これでは怪しいおまじない師や霊媒師、霊能力者と同じで、そのまま信じろと言われても多くの人は納得しないでしょう。

 

サブリミナル音楽の効果

また、サブリミナル音楽を試してみた人たちの口コミ情報を読んでみても、金運がアップしたとか恋愛が成就したというような「効果あり」を謳ったものもありますが、サブリミナル音楽は効果なしという口コミも数多くありました。

なかにはサブリミナル音楽は危険、という口コミすらありました。
まあ所詮はただの音楽ですから聴いたら危険ということはないと思いますが、無責任にもこういうことを書いて不安感を煽るものもあるということです。

言い換えれば効果があるのかないのか「わからない」ということになります。

よくある論法に「正しい聴き方をしていないから効果が出ない」というものがありますが、原理のところで説明したとおり、明確な原理すら確立できていないものを「聴き方が正しくない」と言ってしまうところがすごいです。笑

原理が確立されていれば、原理上もっとも効果的な聴き方を定義することも出来るでしょうが、そもそもそこからしていい加減であるにもかかわらず「聴き方が正しくない」とは・・・ジョークだとしても笑えません。

サブリミナル音楽と言われているものの多くはその原理すら明確にせず、効果を謳いながらも効果が出ないと「聴き方が悪い」という・・・

ここまで説明しましたが、実際に効果があるかないか私は試していないため分かりません。
(試してみる価値を感じないため今後も試すことはないでしょう)

興味のある方はご自身で試してみることをオススメします。笑

 

ヘミシンクで奇跡は起きるのか

ヘミシンクで奇跡は起きるのか

ヘミシンクをご存知でしょうか?

アメリカで開発されたオーディオテクノロジーで米国特許も取得しているものです。

このヘミシンクについても巷では誤解が多いため、ここでしっかりと理解しておきましょう。

 

ヘミシンクとは?

ヘミシンクは専用に開発された特殊なサウンドをヘッドホンで聴くことにより、聴くものの意識を編成意識状態へと誘導していく技術です。

脳科学の研究で、人間の脳波と意識には一定の相関関係があることが分かっています。

たとえば私たちが覚醒して(目を覚まして)いるとき、脳波はベータ波という状態になっています。

そしてリラックスしているとき、私たちの脳波はアルファ波という状態に、浅い眠りや瞑想しているときには脳波はシータ波という状態になっています。

そして浅い眠りのとき夢を見たり、瞑想状態のときにクリエイティブなひらめきが起きたりするのは、このような状態のときは覚醒しているときと意識の状態が異なるからですね。

こうした「覚醒しているときとは違った」意識状態を総称して「変性意識状態」と呼びます。

ヘミシンクは脳波を意図的に変性意識状態へと誘導し、覚醒しているときとは違った体験をするための音響技術と言えます。

ヘミシンクについての詳細は以下の記事で解説していますので併せてお読みくださいね。

▼関連記事▼
ヘミシンクについて、その効果のほどを専門家が正確に説明します

スポンサーリンク

 

ヘミシンクの原理

ヘミシンクでは脳波を意図的に変性意識状態へと誘導すると説明しましたが、変性意識状態のときの脳波ってどのくらいの周波数だと思いますか?

だいたい10Hz(ヘルツ)以下と言われていますが。

この10Hzって、人間のみ見には聞こえない「低い」音なんです。

通常人間の耳で聴こえる周波数は20Hz〜17kHz程度と言われているため、変性意識状態のときの脳波は「聴こえない」んです。

これは、音を聴かせて脳波を変性意識状態へと誘導することは出来ないことを意味します。

ところがヘミシンクは実際には「音」を用いてこの変性意識状態の脳波へと自由自在に誘導してしまいます。

え、聴こえない音でどうやって脳波を誘導するかって?

実は右耳と左耳にわずかに異なる周波数の音を聴かせます。
たとえば右耳に100Hz、左耳に104Hz(100Hzも104Hzも聴こえる音です)を聴かせると、このわずかな周波数差が「うねり」となって聴こえてきます。

ウヮンウヮンウヮンウヮン・・・・みたいな音ですね。

この両耳に聴こえる周波数差に相当する脳波(ここでは4Hz)が脳幹という脳の部位で生成されます。

これがヘミシンクの原理です。

左右それぞれに異なる音を聴かせるために、スピーカーではなくヘッドホンを使用します。

この方式で脳波が生成されると同時に、両脳(右脳と左脳)が同調して働くことも分かっています。

この方式によって私たちは誰でも簡単に変性意識状態へと誘導され、さらに両脳が同調することで変性意識下での体験が明確になります。

ヘミシンクとは「両脳の同調」という意味で、Hemispheric Synchronizationという言葉を略した造語です(Hemi-Sync)

 

ヘミシンクの効果

原理の項で説明した通り、ヘミシンクは原理が明確であり、やっていること自体はサイエンスでしっかりと説明が出来ることです。

ただし変性意識状態と言うのは「普通ではない意識状態」のことですから、そうした状態になったときにどのような体験が出来るのか、については科学的な説明は困難です。

これは、夢はどうして見るのかを科学的に説明できても、どんな夢を見るのかを説明できないのと同じことです。

そしてヘミシンクを試した人たちの口コミも、体験できた人と全く体験できない人がいます。

しかしヘミシンクがサブリミナル音楽と違う点は、原理が明確なため体験できない人は「なぜ体験できないか」をある程度まで説明できることです。

そして自分が体験できない理由が分かれば、大多数の人たちは体験できるようになります。

ここがヘミシンクのすごいところです。
つまりヘミシンクは「ちゃんとした聴き方さえすれば効果がある」と言えるんです。

▼関連記事▼
ヘミシンクは効果あるのか?本当のところを徹底解説してみた

 

奇跡が起きる音楽の口コミから分かる誤解

口コミに関する誤解

ここまで、サブリミナル音楽とヘミシンクについて説明してきました。

どちらも耳で音楽なり特殊な音なりを聴くことで、サイエンスでは説明できない出来事を体験する出来ると謳っているものですが、似て非なるものだと言うことがおわかりいただけたでしょうか?

こうしたものに興味を持つ人たちの行動パターンはとてもよく似ています。

・まずネットや書籍などで情報を得る
・口コミ情報をひと通り読む
・自分で試してみる

多くの人がこのような行動パターンで進んでいきます。

ここで重要なのが「口コミ情報」です。

いえ、決して良い意味で重要と言っているのではありません。笑

多くの人は自分なりに情報収集した後、体験者の口コミ情報を読んで次の一手を決めます。

口コミ情報に「素晴らしい」「絶対にお勧め」なんて書かれていれば自分でも試してみようと思うでしょうが、「全然体験できない」「やっても無駄」「危険だからやめたほうが良い」みたいなことが書かれていれば、その先に進もうとはしないでしょう。

ここでよ〜く、考えて欲しいんです。

 

なぜ宣伝文句を鵜呑みにしてしまうのか

あなたはなぜ、口コミ情報をそのまま信じてしまうのですか?

聴き続けたら金運がよくなったとか、恋愛が成就した、なんて口コミを信じるのっておかしいと思いませんか?

仮に本当に金運がよくなったり恋愛が成就したとしても、それが奇跡が起きる音楽を聴いたおかげだってどうして言えるんでしょうか?

逆に、いくら聴いても何も変化がなかったという口コミをどうして信じてしまうのですか?

確かに本当に効果がないものかもしれませんが、それをしっかりと「こういう理由だから効果がない」と説明できる根拠もなしに、口コミ情報にそう書かれているからという理由でそれを信じてしまうのですか?

その口コミを書いた人は誰ですか?
どんな聴き方をしたのでしょうか?
効果があるとかないとか言っている根拠は明確に示されていますか?

そうしたことすら分からないのに、そんな人が書いた口コミをあなたはどうして鵜呑みにするんでしょうか?

口コミで「すごい効果があった」と書いている人はもしかするとサクラかもしれませんよ?

また「効果ないし危険だからやめとけ」と書いている人はその商品のライバル企業かもしれませんよ?

だってその人がどんな人かなんて知りようがないでしょう。

どこの誰かも分からない人が言っていることを鵜呑みにするんですか?

 

他人依存の強い人は危険(だから奇跡が起きない)

マーケティング的な視点から見れば、口コミというのはとても強力な宣伝手段です。

あの人が良いと言っているんだから良いに違いない。

しかしこの口コミは「あの人が言うんだから」という部分、すなわち信用が絶対的に必要なんです。

あなたが信頼できる友人や知人が勧めてくれるものだから、それを信じて購入するんですよね?

あなたに「これすごく良いよ」と勧めてくれる人がどこの誰かも分からず、また勧めてくれる理由もはっきりしない・・・そんな人の言うことを真に受けますか?

私ならその人が信じるに足るかどうかを自分なりにしっかりと調べた上で、自分が納得できて初めてその人の言うことに耳を貸します。

このことはとても重要ですよ。

口コミに書いてあったから、という理由でそれを鵜呑み似する人は他人に依存しすぎです。

まずは自分で納得できるまでしっかりと調べる。
これを徹底することです。

 

スポンサーリンク

 

奇跡が起きる音楽に期待する人の心理

さて、人々は奇跡が起きる音楽に何を期待するのでしょうか?

端的に言えば、期待するものは「奇跡」ですよね。笑

当然ですが自分が期待した奇跡が起きれば素晴らしいことですが、そんな奇跡が起きる気配すらも感じられない人もたくさんいます。

実はこの違いって案外シンプルなんです。

最後に奇跡が起きる音楽に期待する人々の心理について説明しますね。

 

聴くだけで望む奇跡が起きると期待している

奇跡が起きない人たちのほぼ全員が「これさえ聴けば自分の望むような奇跡が起きる」と心のどこかで信じています。

もちろん半信半疑の人もいるでしょうが、もし本当だったらすごいな、みたいな淡い期待は持っているはずなんです。

そんな期待から口コミ情報を読むと、良い情報も悪い情報もある中で自分にとって都合の良い情報だけが目に付くようになります。

そしてそういう情報ばかりを信じるようになります。

これを心理学用語で「正常性バイアス」といいます。

これはとても危険なことで、正しい判断が出来ない状態だと言えます。

良いことも悪いことも書き込まれている口コミの中から自分が信じたい(期待に沿う)口コミばかりを信じてしまうんですね。

奇跡のようなことが起きるのを期待する気持ちは分かりますが、であれば尚更しっかりと調べることをお勧めします。

 

懐疑的な聴き方をしている

これとは逆に、最初から懐疑的な聴き方をする人もいます。

奇跡なんて起きるわけないだろ、俺がそんな嘘っぱちの化けの皮を剥いでやる、みたいな。笑

これって正常性バイアスと同じだってお分かりですか?

こういう人は奇跡が起きる音楽なんてありっこないと思っているわけで、だから奇跡が起きないことを期待するわけです。

そういうスタンスでことに望めば、目に付くのは懐疑的な情報ばかり・・・ですよね?

 

結局のところ

今回は、奇跡が起きる音楽ということでサブリミナル音楽とヘミシンクについて考えてきました。

得体の知れない分さまざまな口コミ情報があふれ返っているため、そうした口コミ情報との接し方についても詳しく説明してきました。

いずれにしても、無防備に他人の言うことを信じすぎないことが肝要です。

どこの誰かも分からない人の言うことや、言っている内容に裏付けのない無責任な人の情報は信じないほうが良いです。

自分で納得できるまで、しつこいくらいに調べた上で、手を出すかどうかを決めることをお勧めします。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました