スポンサーリンク

体の右側だけ不調になるってスピリチュアル的に意味があるのか?その嘘を暴く

スポンサーリンク

体の右側だけ不調のスピリチュアルな意味

人間、何十年も生きていれば怪我もしますし体調不良にもなります。

最近なぜか右腕が凝るとか、
痛みとかはないんだけど右足がむくむとか、
右の耳が聞こえにくいことがあるとか、
頭の右側ばかりが痛くなるとか・・・

こうしたことってよほど激しい痛みとか急激な症状の変化がない限り、症状が落ち着いてくると忘れてしまいませんか?

でもよく考えてみると、そうしたトラブルが起きるのは何故か体の右側ばかり。

・・・ということに気づいた途端、なんか不安な気持ちなったりして。

他のスピリチュアル系サイトだと、いきなり「これにはスピリチュアルな意味があるんです」なんて言い始めますが。笑

でもこうした症状のほとんどは何らかの肉体的なトラブルです。

姿勢が悪いせいで右側ばかりが凝るとか、骨盤がゆがんでいるために右足に負担がかかっているとか、歯のかみ合わせが悪いことが原因で不調が出たりとか・・・

まあ何が原因かは医者に行くなどして診てもらえば解決してしまうことがほとんどでしょう。

ですからこうした体の右側だけ不調になるからといって、すぐにスピリチュアルに原因を求めるは決して良いことではありません。

とはいうものの、ほんの僅かですが肉体の不調では説明の付かないものもあるんですね。

今回はその「僅かな」現象について、スピリチュアルな視点で考えてみましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

右半身ばかりが不調になることのスピリチュアルな意味とは

前段で、体の右側だけ不調になる原因のほとんどは肉体に原因があるという話をしました。

ですからもしあなたが体の右側だけ不調を感じるなら、まずは医者に相談すべきです。

そして不調の原因がどこにあるのかをしっかりと調べてもらいましょう。

それをせずにいきなり「体の右側だけ不調になるのはスピリチュアル的に理由があるはずだ」とかいって、自称スピリチュアルカウンセラーとか自称スピリチュアルメンターとかに頼るのはとても危険なことです。

彼らは尤もらしいことを言いますが、医学の専門的知識は一切持ち合わせていません。

もしも不調の原因が肉体に潜む何らかの病だった場合、その病を見逃してしまうことになる可能性だってあるわけです。

下手をすると取り返しの付かないことになるかもしれません。

ですからまずは医者に相談するということを徹底してください。

しっかりと調べてもなお「どこにも悪いところは見当たらない、あなたは健康そのものです」という診断がなされれば、そのときに次の手段を考えれば良いのです。

しつこいようですが、この順番を間違えないようにしてくださいね。

では肉体的には何の問題もないのに体の右側だけ不調になる場合、何かスピリチュアルなメッセージが隠されているのでしょうか?

 

スピリチュアルとひとことで言っても範囲が広すぎて・・・

ご存じかもしれませんが、スピリチュアルという言葉はとても広い意味を持ちます。

科学というときに、物理学も生物学も地質学も天文学も考古学も・・・と、数多くの学問の総称であるように、スピリチュアルという言葉もさまざまなカテゴリの総称と言えます。

たとえば死後世界の研究や前世・過去世の研究、体外離脱、生まれ変わり、目に見えない世界(非物質世界)、テレパシー、リモートビューイングの研究などはすべてスピリチュアルの範疇です。

また地球外知的生命体やUFOなどの研究もスピリチュアルですし、占い全般(占星術、易学、手相など)や催眠術、呪術、祈祷、宗教、一部の心理学や哲学などもスピリチュアルの範疇です。

事ほど左様にスピリチュアルという言葉の意味する範囲はとても広いということですね。

そして今回のテーマである「体の右側だけ不調にはスピリチュアルな意味がある」と言う場合、それを言っているのは占いの類いか根も葉もない戯れ言のどちらかです。

たとえば、体の右側に不調が表れるのは男性性のエネルギーが弱まっている、とか言う人がいます。

そして「スピリチュアルの世界ではこのように言われています」とか、それがスピリチュアルの世界では一般論であるかのような言い方をします。

私も長年スピリチュアルの世界で専門家の片割れとして生きていますが、こんな一般論なんて聞いたことがありません。

ところがネットで検索してみると、この手の内容を書いているブログがいくつも出てきてびっくりします。

いいですか、スピリチュアルというのは科学と違って「形のない」ものを対象にしている研究分野ですから、○○だから△△、みたいな一意的な解釈なんてできないんです。

体の右側だけ不調の場合「男性性に問題がある」なんて、全ての人がそうであるような解釈なんてあり得ません。

まあ、占いが大元ならばなんとなく納得しないでもありません。

手相を見て「生命線が○○だからあなたは長生きします」とか決めつけてしまうような分野から出てきたものならば、右半身の不調は男性性に問題が・・・なんて平気で言うでしょう。

お分かりでしょうか?

こうした説明はどれもこれも根拠が希薄なものに過ぎないと言うことです。
デタラメとまでは言いませんが、信憑性に関しては疑問です。

だったらなぜ、多くのブログで同じような説明をしているのか?

答えは簡単です。

出所が一緒だからです。

最初に占いの類いの情報があって、その記事を読んだテキトーな連中が面白おかしく記事に仕立て上げ、それがどんどん増殖しているということです。

ネットの世界はそんな記事で溢れています。

決して信じてはいけませんよ。

体の右側だけ不調だからって、その意味は決してひとくくりに出来るものではないんです。

 

スポンサーリンク

 

スピリチュアルを信奉する人ほど他人への依存心が強い

そういう意味では、男性性がーとか書いているブログの運営者さんもそれを信じているんでしょうね。

その証拠に判で押したように「スピリチュアルではそう言われています」的な文言があります。

この人たちはそもそもスピリチュアルの意味をどれほど理解しているのでしょうか?

そうした記事を書いている人を調べれば、その記事の信憑性がある程度わかります。

まず占い師が書いている記事は当然ですが「占い」であり当たるも八卦当たらぬも八卦くらいに考えておいた方が無難です。

美人が占ってもらいに来れば「芸能界に進みなさい」と言い、太った人が占ってもらいに来れば「関取になりなさい」とアドバイスする占い師がいたとしたら、あなたはこの占い師を信じますか?

美人なら誰でも芸能界に向いているのでしょうか?
太っている人は誰でも関取に向いているのでしょうか?

その程度の占い(?)ならば誰にだってできると思いませんか?

昔ある占い師が「占いが当たるとか当たらないとか言われても困る、占ってもらった本人がその気になって当てに行ってもらわなきゃ当たりっこない」と言っていました。笑

占い師の全てがこんな人ばかりということはないと思いますが・・・

また、その記事を書いている人の素性が定かでない場合も信じない方が良いでしょう。

科学の分野のように権威性のある肩書き(博士とか教授とか)が明確ではないスピリチュアルで自分の素性を明かさずに記事を書いている時点で思い切り怪しいです。

そういう意味からも、私は自らの素性を公表しています。

スピリチュアルを信奉する人ほど他人に対する依存度が高いため、こういう部分をしっかりと確認せずに記事を鵜呑みにするのは危険です。

世の中には善人ばかりではないということを承知しておきましょうね。

 

このままだとスピリチュアルモンスターの餌食になる

誰が書いた記事なのか。

ここが最もわかりやすい判断基準になるのでしっかりと見極めるようにしてくださいね。

ここまで紹介してきたように、スピリチュアルでも何でもないことをさも真実であるかのように書いている記事は信じるべきではありませんが、中にはもっと悪質なものも存在します。

それは、記事の内容を信じてしまった人を餌食にするスピリチュアルモンスターたちです。

たとえば、体の右側だけ不調なのはあなたの男性性に問題があるからです・・・と説明した上で次のように言います。

「このまま放っておくと大変なことになりますよ!」

そしていかがわしいセミナーやスピリチュアルグッズなどを売りつけようとします。

誤解して欲しくないのは、すべてのセミナーがいかがわしいと言っているのではありません。

内容のしっかりとした(ちゃんとした)セミナーもたくさんあります。

そういう「ちゃんとした」ものの中に「いかがわしい」ものが混ざっているんです。

ここであなたはひとつの疑問を持っているのではないですか?

その疑問とは

ちゃんとしたセミナーといかがわしいセミナーはどうやって見分ければ良いのか?

はい、それを教えましょう。

まず、あなたの不安をあおるようなことを言ってセミナーを薦める場合、それは間違いなくいかがわしいものです。

このままだとあなたはとんでもないことになってしまう、そうならない方法をセミナーで伝授しますよ。

こんな台詞で誘ってくるものは避けるべきです。

はっきり言いますが、スピリチュアルな世界では「何かをしなければ状況が悪化する」なんてことはありません。

スピリチュアルな世界すなわち非物質世界はポジティブでもネガティブでもありません。

そうした二極論は物質世界での考え方であってスピリチュアルな世界には通用しません。

ですから「○○しないと不幸になる」みたいなことを言う時点で、それは偽物だと自ら言っているようなものです。

こうしたスピリチュアルな世界の常識を知らないと、スピリチュアルモンスターにいいように騙されてしまいますので気をつけましょうね。

 

スポンサーリンク

 

あなたの知りたいことが真実だと確信できますか

今回は「体の右側だけ不調」になる場合のスピリチュアルな意味についての記事ですが、肉体に異常がないにもかかわらず不調が続くような場合はその不調に何かスピリチュアルなメッセージが隠されている可能性を感じるかもしれません。

だとしても、その意味を他人に聞くのは間違いです。

スピリチュアルな意味がある場合、その意味についてわかるのはあなた以外には誰もいません。

だってそうでしょう?

スピリチュアルなメッセージがあるなら、そのメッセージを聞くのは他人ではなくあなた自身でなければおかしいと思いませんか?

あなたに対するメッセージなのですから、それを他人に聞くこと自体がナンセンスです。

他人に聞いて、その答えが真実だとどうしてわかるのですか?

その意味がわからず、それでもその意味を知りたいなら、あなた自身で答えを探すしかないんです。

でもどうやって?

その辺については以下の記事でも説明していますので、併せてお読みください。

▼関連記事▼
ハイヤーセルフって怪しいと思っている人が多いが、実際に繋がってメッセージを受け取ってみると

 

結局のところ

体の右側だけ不調になることについて説明してきました。

・まずは肉体の不調を疑え
・肉体の不調でない場合はスピリチュアルなメッセージかも

そしてそのメッセージについては一意に決まるものではないことを説明しました。

だから怪しいスピリチュアル系の記事を鵜呑みに手はいけません、ということも説明しました。

体の右側だけ不調になる場合のスピリチュアルな意味は、あなた自身で見つけるしかありません。

その意味にすぐに思い至る場合もあれば、なかなか意味がわからない場合もあります。

だとしても、あなたが自力でその答えを探すしかないんです。

繰り返し言いますが、決して安易にスピリチュアルカウンセラーとか占い師の言葉に頼ってはいけません。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました