スポンサーリンク

オーディオはオカルトじゃない説がいろいろと出てきてビックリ!

スポンサーリンク

実はオーディオはオカルトじゃなかった

オーディオマニアって
普通の人から見ると摩訶不思議なことを
言ったりやったりしますよね(笑)

100万円以上するアンプやCDプレーヤーや
スピーカーを買ってみたりするのは
まだ良い方です。

それらを繋ぐケーブル類に
これまた20万円とか平気で払ったりする。

1mあたり200円のスピーカーケーブルと
1mあたり20万円するスピーカーケーブル
本当に音の違い、分かるんですか?

そうかと思えばオーディオラックに
10万円とか払っちゃう(笑)

すごいのは
それで音が良くなったとかいって
満足してるんです。

こうしたオーディオマニアの奇行から
オーディオはオカルトとかいわれちゃう。

でも最近
オーディオがオカルトではないのでは?

という説が出てきているんです。

今回は最新の学説から
オーディオがあながちオカルトとは
言えないかも・・・という話をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音を聴いているのは耳だけではない?

ここでは機器同士の聴き比べとか
ケーブルの種類の違いによる音の違いとか
は対象外とします。

機器やケーブルが異なれば
そこを通ってくる電気信号にも
影響はあるわけです。

ですからA社とB社のアンプは
どっちがいい?みたいな議論はしません。

そのへんに興味があるなら
どうかご自身でオーディオショップで
実際に聴き比べてください(笑)

今回はもっと根源的な部分のみについて
考えてみたいと思います。

ハイレゾ音源の音の良さは本当に聴いて分かるのか?

さて、今回のテーマは
ハイレゾ音源の音の良さは本物か?
を考えてみたいと思います。

理屈だけでいえば
ハイレゾ音源はCDと比べて帯域が広いので
音が良いということになります。

ですが多くの人はこれを疑問視します。

CDの帯域は一般的に20Hz〜20kHzです。
これは人間の可聴帯域に合わせて
高周波域をカットしているためです。

人間の耳はその構造上
20kHzまでしか聞こえないため
それ以上の周波数はあっても意味が無い。

CDのこの考え方はリーズナブルと言えます。

しかしSACDを含むハイレゾ音源は
20kHz以上の周波数もカットしていません。

一般的にSACDは100kHzまでの帯域を
カバーしています。

CDよりも収録されている音の帯域が広い。

だからハイレゾ音源の方が音がいい。

これまでは私もこの理屈は
無意味なものだと思っていました。

だって人間に聴こえる音が20kHzまでなら
それ以上の周波数帯の音は
あってもなくても変わらないでしょう?

だとすればハイレゾ音源が
100kHzまでの信号を収録していても
聴こえないなら無いのと同じ。

だからハイレゾ音源を高いお金を払って
入手するのは無意味な行為・・・

スポンサーリンク

実際に聴いてみると、確かに違う・・・

ところが・・・です。

実際にCDとハイレゾ音源を聴き比べると
なぜか違うんですこれが。

ハイレゾ音源の方が表現力が豊か。

人間の耳に聴こえている範囲は
音源の問題ではなく耳の能力の問題で
CDもハイレゾ音源も変わらない筈です。

それなのに、確かに違って聴こえる。

やっぱり
オーディオはオカルトなのか?

耳以外で音を聴いている・・・?

最近の研究から
これはオカルトではなく科学的に
説明がつくことが分かってきました。

耳では20kHzまでしか聴こえませんが
私たちの肉体のある部分は
20kHzを超える音を聴いているんです。

どこだと思います?

なんと、皮膚なんです!

だからCDとハイレゾ音源で
違いを感じるわけです。

ネイティブ民族の音楽を生で聴くと
トランス状態になる人がいますが
CDで同じ音を聴いても他ランス状態に
なることはありません。

たとえば
インドネシアの伝統音楽ガムランには
100kHzを超える音も含まれます。

ナマで聴くとトランスすることがあるが
CDで聴いてもトランス状態にならない。

面白いのは首から下の体をすべて覆い
耳だけでガムランのナマ演奏を聴かせると
トランス状態にはならなかったんです。

つまり生演奏でも
耳だけで聴いた場合にはトランス状態には
ならないんです。

この実験により耳では聴こえない音を
皮膚が聴いているようだ、と分かって
きたんですね。

オーディオがオカルトに思える理由が見えてきた?

これが本当なら
耳で聴こえない音でも違いが分かる、
ということになりますよね?

であれば
ケーブルを変えたことで音が良くなった
とかいう話ももしかしたら・・・

皮膚感覚で違いを感じているのでは?

なんて思えてきてしまいますよね(笑)

これが
オーディオはオカルト、と言われる
理由のひとつだったんですね。

ここら辺については
今後もっと深掘りしていく価値があるかも
知れません。

まとめ

今回は
オーディオがオカルトではない可能性を
考えてみました。

もちろん今回の話だけで
オーディオがオカルトではないと
断言することなんてできません。

できませんが私たちが今まで信じていた
音は「耳で聴く」という常識が
ひっくり返ったことは事実です。

このへんは今後もっと面白いことが
分かってくるかも知れません。

そう考えると面白いと思いませんか?

▼関連記事▼
オーディオがオカルトだといわれる所以とは?もう滅茶苦茶です!

オーディオはオカルトなのか?理屈に合わないが確かにおけていること

タイトルとURLをコピーしました