スポンサーリンク

ヘミシンクが危険?そんなこと言ってる奴の方がよっぽど危険だ!

ヘミシンクが危険?なわけないだろ!

ヘミシンクは危険だから止めた方が良い。

そんなことを言う人が今でもいることに
少なからず驚きを隠せません。

そんなことを言っている人って
いったいいつの時代を生きているのでしょうか?

そして
そういうことを吹聴している人の意見を
盲目的に信じてしまう人たち。

今回はヘミシンクが危険だと言っている人たちが
いかにいい加減なことを言っているのかを
暴いてみたいと思います(笑)

▼関連記事▼
ヘミシンクは危険なの?あなたのギモンに分かりやすく回答します。

ヘミシンクは危険っていうけど、具体的にどのくらい危険なのだろう?

ヘミシンクは危険なのか?説得力のある回答をします!

ヘミシンクは危険?それを裏付ける9つの理由について詳しく考える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘミシンクが危険だと言う人たちの変な主張

ヘミシンクが危険、と言い張る人たちは
どのような点が危険だと言っているのでしょう?

まずはそれをはっきりさせてみましょう。

ヘミシンクは脳に障害を引き起こす

ヘミシンクは意図的に脳波を特定の周波数帯に誘導し
変性意識状態を簡単に体験できるようにするツールです。

この「脳波を誘導」するということから
脳に障害を引き起こすと言っているのでしょう。

こうしたことを一般人がいうのなら分かります。

でもときどき、医者とか科学者を名乗る人までもが
危険だと明言しているのを見聞きすると、

おいおい大丈夫か?

と思ってしまいます。
もちろんヘミシンクが大丈夫か、ということではなく
その医者や学者が大丈夫か、と心配になるということです。

医者なり学者なりという人たちは
合理的な確証や疑いようのない因果関係がない限り
断言はしないものです。

もしそうした科学的な立場の人が
ヘミシンクは脳に障害を引き起こすと言うからには
それなりの確証がなければいけません。

が、ネットなどに溢れているこうした「危険論」は
どれひとつとっても科学的にヘミシンクの危険性を
証明しているものはありません。

いいですか、ひとつもないですよ。

そういう人たちがまことしやかに言います。

だって私の知り合いがヘミシンクを聴いて
気分が悪くなたって言っていたし。
だから脳になんらかの悪影響があるでしょう。

気分が悪くなったから脳に悪影響がある?

本気でそんなことを言っているとしたら
相当ヤバい人です。

気分が悪くなったのが本当だとしても
それがヘミシンクによるものだと
どうやって証明するんですか?

じゃあ訊きますが
ヘヴィメタを聴いて気分が悪くなったとしたら
ヘヴィメタは脳に悪影響を及ぼしているのですか?

こうした「危険論」は多少の差はあれ
みな上記のレベルです。

いいですか、はっきり言いますよ。

こうした「危険論」は単なるその人の考えに過ぎません。

個人が何をどう考えようと自由ですから
こうした考えをする人もいるというのは認めます。

ですが真面目にヘミシンクに興味があって
色々と調べている人にとってはただただ邪魔な存在です。
子供じみた暴言以外の何物でもありません。

危険だと思うのは勝手ですが
他人に言う際にはもう少し気を遣うべきです。

危険性について明確に証明できない以上
ヘミシンクは危険だと断言することはできない
くらいの表現にすべきだと思いますよ。

ヘミシンクは安全性が証明されていない

ヘミシンクは安全性が証明されていないから
何が起きても自己責任だよ。
だから危険だから止めた方が良いよ。

こんなことを言っている人もいます。

もう自分が言っていることが支離滅裂だと
気付くことすらできていません(笑)

あらゆる場面において
ヘミシンクが完璧に安全であるとは言えません。
これは当然のことです。

ただそれを以て「だからヘミシンクは危険だ」
というのはあまりにも稚拙な考えと言わざるを得ません。

良いですか、世の中に存在するもので
あらゆる場面で完璧に安全なものなんて
そもそも存在するのでしょうか?

たとえばPCです。

長時間PCの画面と相対していると
ドライアイの原因になる可能性がある。

だからPCは危険だ、やめておいた方が良い。

こんな事を言う人がいたら
笑っちゃいませんか?

たとえば読書です。

本を読んでいてページをめくる際に
ページの端面に指がスライドすることで
指を切ることが稀にある。

だから読書は危険だ、止めた方が良い。

あなたの友人でこんなことを言う人がいたら
その友人とは距離をとろうと思いませんか?

たとえばボールペンです。

ボールペンの先端を他人に向けて突き立てれば
相手に怪我をさせることも可能です。

だからボールペンは危険だ、使わない方が良い。

ここまで来るともう
まともに取り合う気にすらなりませんよね(笑)

ヘミシンクに関してもこれらの例と変わりません。

ヘミシンクは基本的には安全です。
ですがあらゆる場面で完璧に安全かというと
決してそんなことはありません。

でもそれは読書の際に指を切る程度のものです。

それを以てヘミシンクそのものが危険というのは
あまりに稚拙な言い分と言わざるを得ません。

スポンサーリンク

ヘミシンクが本当に危険かどうかは自分で判断するしかない

巷にはヘミシンクに関してさまざまな情報が溢れています。

その中には正しい情報もあれば間違った情報もあります。

・ヘミシンクはすごい
・ヘミシンクは面白い
・ヘミシンクなんてデタラメだ
・ヘミシンクは危険だ
・ヘミシンクはやった方が良い
・ヘミシンクなんて手を出すもんじゃない

果たしてどれが正しい情報なんでしょうか?

残念ながらそれを教えてくれる情報は
世の中には存在しません。

なぜならすべての情報は
発信者が「自分が正しい」と思って
発信しているからです。

ですからある人の情報と正反対の情報が
別の人から発信されていたりするんです。

あなたはそれらの情報の中から
どれが正しいか、どうやって判断しますか?

はっきり言いますね。

情報に振り回されている以上
どれが正しい情報かなんて判断できませんよ。

他人に依存するのはそろそろ止めにしませんか?

他人の情報をそのまま受け入れる人は
他人依存度が高い人といえます。

あの人がこう言っていたから信じよう。

でもその情報が正しくないことが分かったらどうしますか?

あー騙された、あいつとんでもないウソ情報を流しやがって!
と、情報発信者を責めることでしょう。

いいでしょうか?

悪いのはウソ情報を発信している人じゃないですよ。
(もちろんウソと分かって流しているなら発信者も悪いですが)

そんなひとの情報を信じたあなたに非があります。

自分が納得出来るまで
情報を精査すべきなんです。

それで信じるに足ると判断できて初めて
その情報を信じるべきです。

そこまでやって信じた情報がウソ情報だったとしても
自分で納得いくまで調べた上で信じたのだから
信じた自分も悪いよな、と思えますよね。

でもそこまで調べがつかない場合はどうすれば良い?

はい、特にスピリチュアル系の情報の場合
なかなかその情報の真偽を調べるのは容易ではありませんよね?

ヘミシンクも同じです。

巷にはさまざまな情報が山のようにあふれています。

どれを見てもみんな本当のように感じてしまう(笑)
さてどれを信用すれば良いのか・・・

そんなときは自分で確かめてみるしかありません。

自分でヘミシンクを体験してみるのが
もっとも確実な方法だと思いませんか?

そうすればあなた自身が自分の体験として
ヘミシンクを知ることができますよね?
どの情報よりも信憑性が高いと思いませんか?

でも・・・

ヘミシンクは危険という情報を
自分で確かめるのはちょっと躊躇しますよね?

だってもし本当に危険なものなら
自分自身に危険が降りかかることになりますから。

さてどうしよう・・・

そういうときには事実に目を向けるしかありません。

客観的に判断すれば

もしヘミシンクが本当に危険なものなら
なぜ50年にもわたって普及し続けているのでしょうか?

本当に危険なものなら
何らかの訴訟が起きたりそれによって発禁になったり
もっと世間で騒がれるはずですよね?

でも実際には訴訟なんて起きてもいないし
世界中で普通にヘミシンクCDは何十年にもわたって
発売し続けています。

これはれっきとした事実です。

なかにはヘミシンクの開発元であるモンロー研究所のバックには
巨大な組織があって、そうした問題を隠蔽しているなんていう
陰謀論のようなことを言っている人もいます。

これには大笑いしました。
いるんですよ、いつの世にもこうした陰謀論を
真面目な顔して語る人が(笑)

でもまともな人ならこうした陰謀論が
子供じみた与太話だって分かりますよね?

まあ百歩譲ってヘミシンクが危険だとしても
長年にわたり問題すら起きていないことを鑑みると
試したところでたいした悪影響はないだろう・・・

そう思えるのであれば
あなた自身でヘミシンクを体験することをオススメします。

百聞は一見にしかずです。

他人はあなたに嘘をつくかも知れませんが
あなたはあなたに嘘はつきませんよね?

まとめ

今回はヘミシンクが危険という意見(与太話)について考えました。

人の意見に頼るのではなく
最終的にはあなた自身で確かめるのが
もっとも速く、もっとも確実な方法です。

もう他人の意見(与太話)に振り回されるのは
止めにしませんか?

・・・って、
この記事も私の意見(与太話)に過ぎませんが(笑)

タイトルとURLをコピーしました