スポンサーリンク

好きな人が夢に出てくるスピリチュアルな意味と理由、相手も思っているのか等を解説します

スポンサーリンク

好きな人が夢に出てくるスピリチュアルな意味とは

好きな人が夢に出てくる・・・

目が覚めたとき、いろいろ考えちゃいますよね。笑

この夢って何か意味があるんだろうか?

そして夢の中でその人が自分に微笑みかけていたりすれば、もしかしてあの人も私のこと好きかのかも・・・

なんて想像しちゃったりしますよね。

でも、好きな人が夢に出てくるのって本当はどんな意味があるんでしょうか?

今回は好きな人が夢に出てくることをスピリチュアルな面から考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ好きな人が夢に出てくるのか?

人は寝ているときにはたいがい夢を見ていると言われています。

え、私はここ何年も夢なんて見てないんだけど・・・

という人もいると思いますがご安心ください、それ忘れているだけですから。

でもどうして見た夢を覚えている人と覚えていない人がいるんでしょうか?

ていうか、そもそも夢って何なんでしょう?

 

夢とはいったいどういうものなのか

夢についての研究の歴史は比較的新しく、科学的にはまだ80年ほど前に始まったばかりです。

このため科学でも現段階では「よく分からない」のが正直なところのようです。

夢については古来から「神のお告げ」や「霊」によるなど、宗教的な部分で理解されてきました。

それが最近になって科学による研究が進み、まだよく分からないまでも「寝ている間に脳内の記憶の断片を整理」する過程でそれらを不規則につなげてしまった結果なのでは、と言われるようになりました。

また精神分析学の創始者であり心理学者でもあるフロイトは、夢は「抑圧された願望の無意識的な発露」であると考えました。

このため夢の内容を分析し読み解くことで、抑圧から解放し無自覚の心身症状の治療が可能になると提唱したことがきっかけとなり夢分析や夢占いなどが行われるようになりました。

そしてスピリチュアルな分野では、夢はある種の「体外離脱」の結果であると考えるのが一般的です。

これは寝ているときに意識が肉体から離れ「非物質世界」と繋がった結果の体験が記憶に残る、との考え方基本にあります。

しかしこの考え方は正確とは言えません。

意識は寝ているときだけでなく起きているときも(すなわち常時いつでも)非物質世界と繋がっているんです。

ただこの繋がりはとても「朧気(おぼろげ)」なものであり、起きているときには五感(視覚とか聴覚、嗅覚、触覚、味覚など)が邪魔をして認識することはほとんどありません。

これは昼間空を眺めても星が見えないのとよく似ています。

昼間は太陽の光が強烈すぎて、朧気(おぼろげ)に光っている星の光は太陽光にかき消されてしまい見ることが出来ません。

でも星はちゃんと「そこ」にあるんですけどね。笑

この「太陽の光と星の光」の関係は「物質世界の知覚と非物質世界の知覚」の関係に読み替えることで理解が深まるのではないでしょうか。

非物質世界との繋がり、すなわち非物質世界の知覚は星の光のように弱いため、物質世界の知覚、すなわち五感による強烈な知覚にかき消されてしまいます。

これが夜寝ると、五感による知覚もおとなしくなり非物質世界との繋がりが見え始める・・・あたかも太陽が沈み空が暗くなることで星の瞬きが見え始めるように。

夜の空は昼間の空とは全く違う姿を私たちに見せてくれますが、起きているときと寝ているときの世界もこれと似ていると考えることが出来るんですね。

つまり夢というのはスピリチュアルに考えた場合「非物質世界」の知覚と言うことが出来ます。

 

夢占いに見る「好きな人が出てくる」意味とは

ここまで、夢というものが時代の変遷とともにどのように解釈されてきたか、また科学とスピリチュアルで夢に関する考え方がどう違うかについて見てきました。

現在は夢分析には科学的な根拠が乏しいとの考えから、科学の分野ではほとんど行われなくなっていますし、スピリチュアルでも夢は抑圧された願望の発露とは考えません。

しかしながら私たちの興味という部分では、やはり夢分析や夢占いが関心の大きな部分を占めていると言わざるを得ません。

そこでスピリチュアルな視点について説明する前に、こうした夢分析をもとにした夢占いなどでの解釈について見てみたいと思います。

夢占いによると、好きな人が夢に出てくるのは「あなたが相手のことを想っているから」もしくは「相手があなたのことを想っているから」と考えるようです。

そして最後に「あくまで可能性の一つですが」という一言が足されます。笑

あまり本気にされても困るから防御線を張っておこう、みたいな感じでしょうか・・・

 

毎日のように何回も好きな人が夢に出てくる場合

さらに相手に対する思いが強い場合、繰り返し好きな人の夢を見ることもあるようで、その場合には思いが強すぎて空回りしないようにあなたに「注意を与えている」んだそうです。

恋は盲目と言いますから、まっすぐに突き進みすぎないように注意しましょう・・・ですって。

まあ、前段でも説明したとおり夢分析には根拠が希薄なため「話半分」くらいに想っていた方が良いかもしれませんね。

まあ占いなんてもともと「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言いますから。笑

 

スポンサーリンク

 

好きな人が夢に出てくるのをスピリチュアルな視点で見ると

ではスピリチュアルな視点はどうなっているのでしょうか?

まず、夢占いと同様にスピリチュアルも合理的な根拠のある説明は困難です。

なぜなら科学的に説明できないからですね。

まあ世の中には科学的に説明のつくことの方が遙かに少ないわけで、そういう意味では科学的な説明イコール真実ということではありません。

ただスピリチュアルな視点が夢占いと根本的に異なる点は「他人の受け売り」ではないということです。

これは非常に重要な点であり、私がスピリチュアルな視点を支持する最大の理由でもあります。

 

受け売りではないことの重要性

夢占いはあなたが見た夢の内容を占い師が聴き、その内容に従って占い師が夢の意味について説明しますよね?

つまり「占い師が言うには」という「他人の受け売り」なわけです。

占い師によってはあなたからヒアリングした内容からさらに細かい部分にまで占ってくれます。

しかし、占い師が言っていることが本当かどうか(当たっているかどうか)あなたはどうやって確認しますか?

例えば占い師が「好きな人が夢に出てきたのは相手もあなたのことが好きだということです。あなたの気持ちを相手に伝えればうまくいきます」と言ったとしましょう。

これが本当かどうか、これはもう相手に告白すれば分かりますよね?

うまくいけば良いですが、もしあなたの思いが相手に届かず振られてしまった場合、どう解釈しますか?

あの占い師の言うことは当たらなかった・・・偽物の占い師め!

と恨み言を言ったところで空しいだけですよね?

私に言わせれば、そんな占い師の言うことを真に受けたあなたが悪い。

仮に占い師の言うとおり、相手もあなたのことが好きだったとしても、次に別の大きな問題があればまた占い師を頼るのでしょう?

それって、あなたは占い師の言いなりで自分の人生を生きていないことになりませんか?

 

あなた自身が体験してきたこと

スピリチュアルな視点では、夢は「意識が非物質世界を知覚した記憶」と考えます。

つまり「あなた自身の体験」ということです。

他の誰でもない「あなた」が自ら体験したこと。

ですから好きな人が夢に出てくるというのは、あなたが非物質世界で好きな人(の意識)と実際に邂逅しているということです。

ではそれってどういう意味があるというのでしょうか?

それはあなた以外に誰も正解が分かりません。

だってあなたの体験なんですから、他の人が口を挟むこと自体おかしなことでしょう?

夢って毎晩のように見ているわけです。

ということは毎晩のようにあなたの意識は体外離脱して非物質世界を探索しているわけです。

でも、夢ってその内容をしっかりと覚えていることもあれば断片だけが記憶に残っていることもあるし、夢を見た気はするけど内容が思い出せないこともあるし、夢を見たことさえ全く覚えていないことだってありますよね?

夢を見たことさえ覚えていないのならそれ以上どうにも出来ませんが、断片の記憶があるのならそこから何かを手繰っていくことは出来るかもしれません。

その断片にはどんな意味があるのかないのか、それを見たときの自分の感情はどうだったか、他に何かを見たり感じたりしなかったか・・・

そんなことを自分の記憶を頼りに追いかけていくことで「あ、そうか、そういうことだったのか」と納得できる答えに気づくかもしれません。

もし何も感じるものがないのなら、それ以上どうにも出来ません。

全てはあなた次第なんです。

アカの他人にそれを委ねてはいけない。

それがスピリチュアルな視点で見た夢の意味です。

 

結局のところ

今回は好きな人が夢に出てくることのスピリチュアルな意味について説明してきました。

スピリチュアルに考えた場合、一意の意味なんて存在しません。

その意味を知ることはあなた自身にしか出来ないことです。

見た夢から何も気づけるものがないなら、今のあなたにはその夢は「意味のないもの」と言うことです。

頼れるのはあなた自身のみ、他の誰でもありません。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました