スポンサーリンク

死後も意識は存在する?地球意識プロジェクトが導き出した真実とは?

スポンサーリンク

死後の意識の研究「地球意識計画」

死んだらどうなるのか。

これまでにも再三にわたって
取り上げてきたテーマのひとつです。

これは人間を単なる肉体と捉えるか
肉体を超えた存在と捉えるかで
導き出される結論が正反対になります。

この違いはサイエンスの立場か
スピリチュアルの立場かによります。

サイエンスでは人間は肉体そのものであり
それ以上でもそれ以下でもないというものです。

このため死んで肉体が朽ち果てれば
それでおしまい・・・なので
死後には何も存在しない。

死は無であり死の先には何もない。

これに対しスピリチュアルでは
肉体の死後も意識は生き続けると考えます。

ですから意識が肉体から離れて
非物質としていく世界が死後世界であり
それは紛れもなく存在する、と考えます。

このふたつの主張は正反対であるため
歩み寄ることはありませんでした。

ところが最近
この状況に妙な変化が起きつつあります。

今回はこの「変化」について考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学では説明出来ないが確かに起きていること

サイエンスが死後世界を認めないのは
それを証明することが出来ないからです。

これは当然のことで
サイエンスの研究対象は
「形のあるもの」だからです。

形があるから観察できる。

だから時間がかかっても
形あるものならそれが何なのか
答えを出すことが出来るかも知れない。

ところが死後世界は「形がない」んです。

形がないと、それを観察出来ませんよね?

観察できなければ
それが何なのかを知る術がありません。

ですから死後世界はそもそも
サイエンスの研究対象ではないんです。

それなのに多くの人は
サイエンスで説明出来ない死後世界なんて
あるわけ無い、と全否定します。

厳密には科学者以外が全否定している
というのが正しい表現ですね。

科学者たちは証明できないものを
否定したりしません。

ただ
サイエンスではその存在を説明出来ない。
という言い方をします。

これを聴いた一般人たちが
科学で説明出来ないんだから存在しない。

と短絡的に全否定しているんです。

科学者たちはサイエンスが万能ではないと
ちゃんと分かっていますから
説明出来ないからといって否定はしません。

形がないから観察できない。
よってその存在を証明することも出来ない。

だから意識や魂、霊などの形の無いものは
サイエンスの研究対象にならないんです。

形の無いはずのものが姿を現した!

ところが最近になって
こうした状況に変化が起き始めています。

形のないはずの「意識」が姿を現したんです。

なんとも不気味な話ですが
意識が「観察」され始めているんです。

地球意識プロジェクトとは?

あなたは「地球意識プロジェクト」を
ご存知でしょうか?

これは地球規模で人類の意識を
観察しようという壮大なプロジェクトで
1998年に開始されました。

このプロジェクトには
「乱数発生器」という機器を利用します。

乱数発生器とはどのような機器なのでしょうか?

この機器は
内部を量子が通過するか跳ね返すかで
0と1の数値を出力するものです。

量子が通過するか跳ね返るかの確率は
それぞれ50%になるよう調整されています。

また周囲の電磁波など物理的な影響は
遮断されるようになっています。

量子がこの機器を通過するタイミングは
コントロールできないため
発生する数値は完全にランダムと言えます。

ですから0と1の発生は一定の誤差幅で
ランダムに記録されているわけです。

簡単に言えばこれが乱数発生器の原理です。

現在、地球意識プロジェクトでは
世界中に50カ所ほど乱数発生器を設置し
24時間測定し続けています。

スポンサーリンク

乱数発生器の数値に異常がみられた?

2001年の9月11日といえば
世界中の人にショックと悲しみを与えた
アメリカ同時多発テロの日ですね。

この日、世界中の乱数発生器の0と1の
発生頻度に大きな異常値を記録しました。

この日から数日にわたり
発生乱数のブレが通常の4倍に達したことが
記録されています。

また米ネバダ州の砂漠で真夏に実施される
バーニングマンと呼ばれる祭りでも
数値の異常が報告されています。

この祭りは1週間ほど続き
観客は7万にも及ぶ大規模なものです。

この祭りでは最後に
バーニングマンと呼ばれる12mほどの
巨大な人形を燃やします。

7万の観衆の熱狂は頂点に達し
それに呼応するように乱数発生器の数値が
大きくブレ始めます。

このときの偏りを計算すると
このぶれが偶然発生する確率はなんと
230万の1となるそうです。

これは人々の意識が大きく動くときに
物理的な「何か」が起きている・・・

ということを示唆しているようです。

形がない、すなわち科学的には
存在しない筈の「意識」が
量子という「物質」に影響を与える。

サイエンスでは存在しない筈の「意識」が
忽然と姿を現した瞬間と言えるでしょう。

地球意識プロジェクトから分かること

本稿の冒頭で
意識は形が無いから観察できない
と話しました。

これは地球意識プロジェクトによっても
覆ることはありません。

なぜなら私たちが見たのは意識ではなく
意識によって変化した乱数の発生頻度
だからです。

乱数発生器の出力する0と1の発生頻度が
意識に影響されているようだということは
確かなようですが、

影響を及ぼしている張本人である意識は
相変わらずその姿を現していません。

ただ、こうした現象から見えてくるのは
意識は観察できずとも存在することは
確かなようだ、ということです。

このことを以て
「だから死後世界は存在するんだ」とは
言えないかも知れません。

しかし

人間が肉体だけの存在ではないらしい
ということはもはやサイエンスでも
否定出来なくなりつつあると言えそうです。

まとめ

これまで死後世界の存在は
スピリチュアルの分野では一般的でも
サイエンスの分野では否定的でした。

しかし人間が肉体だけの存在ではないなら
死んだら無になるとは言い切れないのでは
ないでしょうか?

死後、私たちの意識がどうなるのか?

それは死んでからでないと
本当のところは分からないでしょう。

しかし死後も意識が何らかの形で
残るとしたら・・・

これはこれで夢のある話だと思いませんか?

タイトルとURLをコピーしました