スポンサーリンク

ソルフェジオ周波数は怪しいとか危険とか言われるがその効果に科学的根拠はあるのか?

ソルフェジオ周波数って怪しい

音が何らかの形で人間に影響を及ぼす・・・

音楽を聴いて気分が良くなったりリラックスしたりするのは、音楽が私たちの心を浄化してくれるからかもしれません。

音楽だけでなく、穏やかな風に吹かれて鳴る風鈴の音も私たちを優しくいやしてくれます。

事ほどさように音は私たちに様々な作用をもたらすものだということはあなたも知っているでしょう。

今回はそうした音の中でも私たち人間に良い影響を与えると言われている「ソルフェジオ周波数」について詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソルフェジオ周波数について

ソルフェジオ周波数・・・

この言葉を聴いたことがない人も多いかと思いますが、スピリチュアル界隈を中心にことあるごとに話題になっています。

ソルフェジオ周波数という言葉を聴いたことがある人でも、それがどういうものなのかちゃんと説明できる人はかなり少ないのではないでしょうか?

 

ソルフェジオ周波数とは

ソルフェジオ周波数とは、簡単に言ってしまえばある特定の「音階」のことです。

あなたも小中学校の頃、音楽の授業でドレミファ・・・って習ったでしょう?

あれも音階ですね。

簡単に言えばそうした音階のひとつの組み合わせ、といいますか音階を構成する音の周波数のなかから特定のものをピックアップしたものと思っていただければいいと思います。

まあ、スピリチュアル界隈ではソルフェジオ周波数をやたらと神聖なもののように扱っていますが、別に「ただの音階」のひとつに過ぎません。

本記事の後半でソルフェジオ周波数の各音について説明しますが、その中でも中心的な音として扱われている528Hzというのはドレミでいうところの「ド」の音と思ってもらって間違いありません。

ソルフェジオ周波数が使われている音楽としてグレゴリオ聖歌とかを取り上げて有り難がっている人たちもいるようですが、ドレミの「ド」ですからグレゴリオ聖歌とかを引っ張り出してこなくても、たいがいの曲には使われているんですよ、ソルフェジオ周波数って。笑

まあ、いちおうちゃんとした説明を期待しているでしょうからこれから書いていきますが、他のサイトやブログが書いているようなすごいものでも有り難いものでもありませんよ。

そういう意味では本稿は、他では読めない「ホンネ丸出し」の記事ですので、ある意味貴重かもしれません。

 

ソルフェジオ周波数の効果とは

効果、とか言われても・・・

はっきり言いますが、あなたが聴いていてリラックスできると感じる音楽と何も変わりません。

いちおうソルフェジオ周波数の効果として一般的に言われている内容を以下に説明しておきますが。

 

睡眠誘導

ソルフェジオ周波数のなかでも528Hzおよび741Hzには安眠効果があるとされています。

普段あまり寝つきが良くないと言う人には良いかも・・・とのことです。

 

癒やし(チャクラを整える)

ソルフェジオ周波数のうち比較的低い周波数である396Hzは基底チャクラと呼ばれる第1チャクラを開くのに効果があるといわれています。

チャクラについてはここで説明し出すとキリがありませんので割愛しますが、要は気の流れを整えてブレない自分を保つのに役立つ、ということらしいです。

 

自律神経を整える

ストレスを緩和し自律神経を整える働きがある・・・ということなんですが、はっきり言ってそんなの普通の音楽の多くに同じような効果がありますからソルフェジオ周波数だからということではないような気がするんですが・・・

逆を言えばあなたが普段聴いている音楽にもソルフェジオ周波数が含まれるということに他なりません。

 

細胞(DNA)を修復

スピリチュアル界隈では、ソルフェジオ周波数の中でも特に528Hzは「奇跡の周波数」と呼ばれているんだそうです。

え、それマジで言ってます?

と聞き返したくなります。笑

ドレミの「ド」ですよ528Hzって。

その「ド」には、日々のストレスや度重なる刺激によってダメージを受けた細胞のDNAの修復を促す作用があるんですって。

う〜〜〜ん、そうなんでしょうか・・・

 

宇宙エネルギー

いちばん高音のソルフェジオ周波数963Hzには、潜在意識を覚醒させる働きがあると言われています。

意識が覚醒することで宇宙エネルギーを繋がることが出来る、とのことですが・・・

宇宙エネルギーって何だ?

という疑問を持つのは私だけでしょうか・・・

 

好転反応

ソルフェジオ周波数を聴き続けることで、特に聴き始めたばかりのころに軽いめまいや耳鳴り、頭痛あるいは感情の高ぶりなどが起きることがあるそうです。

でも大丈夫、これは好転反応なので聴き続けることでソルフェジオ周波数に慣れると症状は出なくなっていきます・・・だそうです。

要は激しい音楽は最初は耳障りだけど何度も聴いているうちに慣れてくるからね、ってこと?

ソルフェジオ周波数の効果として言われているものをひととおり挙げてみましたが、どれも根拠が希薄で「だから?」って感じなんですけど。笑

 

スポンサーリンク

ソルフェジオ周波数は全部で9種類ある

さて、もう少し細かく見ていけばソルフェジオ周波数の凄さが分かるかも。

ということでソルフェジオ周波数と言われる9つの周波数について見ていきましょう。

 

174Hz(意識の拡大)

ドレミで言うところの「ファ」ですね。

この周波数は心を落ち着かせてくれる効果があるといわれています。

しかしながら174Hzに限らず、こうした「低い音」は一般的に人の心を安定させる効果があるといわれています。

ですから夜寝る前にこうした低い音がしっかりと入っている音楽を聴くことで心が落ち着いてきます。

そういう意味では174Hzという周波数にもそうしたリラックス効果があるのかもしれませんね。

 

285Hz(高次からの意識拡大、促進)

ドレミで言えば「ド#」と「レ」のあいだ辺りの音でしょうか

この285Hzという周波数の音は、高次からの意識を拡大、促進するといわれています。

ソルフェジオ周波数9種類中もっともスピリチュアルな音と言われています。

でも誰がどこで言ってるんだ?

 

396Hz(トラウマの解放)

ドレミで言うと、ほぼ「ソ」ですね・・・若干「ソ」より高めかも。

この周波数の音はネガティブな感情を解放することで、不安や恐怖、トラウマなどから自由になれるといわれています。

基底チャクラに働きかけ、意識をしっかりとグラウンディングしてくれます。

スピリチュアル界隈の人たちは、とかく意識が上に上がったっきりで降りてこないため、自分が世間から浮いた存在になっていることにも気付きません。

そういう人にはこの周波数の音を聴くのは効果的かもしれませんね。笑

 

417Hz(意識の変容)

ドレミでほぼ「ソ#」ですね。

あなたの意識に直接働き掛ける音、だそうです。

意識とは顕在意識と潜在意識の両方を指し、意識変容を促すんだそうです。

ヒーリング効果もあると言う人もいるようです。

 

528Hz(DNAの修復)

ドレミの「ド」です。
厳密にはやや高めですが「ド」だと思って間違いありません。

ソルフェジオ周波数の中心的な音で、特別な力がある音とされています。

奇跡の周波数とか言われていますが、普通の音楽にはだいたい含まれる音です。笑

そういう意味ではどんな音楽にも特別な力がある、と解釈できなくもありませんが。

 

639Hz(人間関係改善)

ドレミで言うと「レ#」のやや高め、くらいの音です。

人と人との繋がりに関係する音で、人間関係を良好にする効果が期待できます。

 

741Hz(表現力の向上)

ほぼ「ファ#」です。

創造力や表現力を拡大させる効果がある音で、人とのコミュニケーションを円滑にする効果もあるそうです。

 

852Hz(覚醒)

ドレミの「ソ#」と「ラ」の中間くらいの音です。

脳の松果体を活性化させ意識を覚醒させる働きがある音です。

それにより今までは気付かなかったようなアイデアがひらめいたりすることもあります。

 

963Hz(高次の宇宙エネルギーとの繋がり)

ドレミで言うと「ラ#」と「シ」の中間くらいの音です。

かなり高い音ですが、聴くことで脳がどんどん活性化していくそうです。

それにより高次の宇宙エネルギーと繋がることも可能になるとか・・・

 

ソルフェジオ周波数が怪しいとか危険とかいわれる所以

9種類のソルフェジオ周波数を見てきましたが、あなたはどう感じましたか?

もちろんスピリチュアル的な要素の強いものですが、科学的な視点から説明したものはあるんでしょうか?

 

科学的根拠(エビデンス)はあるのか

はっきり言いますが、科学的な根拠(エビデンス)はいまのところ無いです。

一部の学者が研究しているようですが、まだ広く認められるようなものにはなっていないようです。

まあ音楽が人の心に作用することは以前から言われていることですから、聴くことで何らかの影響を及ぼすことは可能なのかもしれません。

しかしながらあまりにも根拠が希薄すぎる、というのが私の率直な感想です。

科学ではソルフェジオ周波数の効果は「あることが証明されていない」状況ですが、スピリチュアルな視点で見た場合にはどうでしょうか?

 

スピリチュアルの視点で効果があるといえるのか

私もスピリチュアル分野の専門家の端くれですが、私はソルフェジオ周波数には違和感を感じます。

スピリチュアルな世界では必ずしもちゃんとした万人が納得する説明は不要ですが、それにしてもこのソルフェジオ周波数はちぐはぐな印象を持ってしまいます。

周波数を細かく特定し、それぞれの周波数の効果について謳っているにも関わらず、その根拠があまりにも希薄なんですよ。

たとえば「奇跡の周波数」と言われる528Hzは、世の中のほとんどの音楽には普通に含まれる音ですし、それがどうして奇跡なのか?

963Hzの音を聴くことで脳が活性化すると説明していますが、これが本当なら科学的にエビデンスがあるはずです。

しかしエビデンスはないという。笑

じゃあどうして963Hzが脳を活性化すると言えるんでしょう?

事ほどさように、すべての周波数において説明が曖昧模糊としておりモヤモヤ感がつきまとったままなんです。

このため説明だけを聴いても、効果があるのかないのか釈然としないんですね。笑

 

得られる情報はみんな「と言われている」ばかり

おそらく「・・・と言われている」という説明ばかりの状況に業を煮やした学者が実際のところを調べようと研究を始めているんでしょうが、いまのところ確たる合理的説明が出来る根拠が出てきていない。

端的に言って、科学の視点でもスピリチュアルの視点でも、ソルフェジオ周波数は怪しいと言わざるを得ないのが今の状況といえるでしょう。

まあ、ただの「音」ですから聴くことによる危険性というのはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

人によっては不愉快な気分になったりすることはあるかもしれませんが、聴くことで脳が決壊するとか性格が変貌してしまう、みたいなことはいまのところ報告されていないので。

 

結局のところ効果については自己責任で試すしかない?

今回はソルフェジオ周波数について考えてきました。

いまのところ「怪しい」と結論づけざるを得ません。

もし興味があるのでしたら、あなた自身でその真偽を確認してみるしかないでしょう。

聴いたところでたいした危険はないと思いますが、あくまで自己責任でお願いします。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました