スポンサーリンク

変な夢ばかり見る原因をスピリチュアルな視点で考えると見えてくることとは?

スポンサーリンク

変な夢ばかり見るスピリチュアルな理由とは?

あなたは夢を覚えている方ですか?

人間は寝ている時には夢を見ます。

え、私は夢なんて滅多に見ないけど?

いえいえ、それはあなたが見た夢を覚えていないだけ、ちゃんと毎晩見ていますよ。

よく夢見る人と滅多に夢を見ない人、この違いは見た夢を覚えているかどうかだけです。

多くの場合、夢というのは現実とは違って不条理な内容だったりしますよね?

そして中には、我慢できないほどの「変な夢」「嫌な夢」「怖い夢」を見ることもありますよね?

人によってはこうした変な夢を頻繁に見ることもあります。

そこで今回は、変な夢ばかり見る原因と対処法について説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変な夢ばかり見るとどうなる?

なぜ夢を見るのか?

これについては科学も含めまだよく分かっていません。

つまり私たちは夢を見る理由について科学的にせよスピリチュアルにせよ断言できる段階には至っていないということです。

とはいうものの、私たちは毎晩夢を見ます。

そしてなぜか、怖い夢や嫌な夢ばかりを覚えているんですよね。

実際にはそんな変な夢ばかりを見ているわけではなく、ほんの些細な出来事やホンワカするような夢とかも見ているんですが、往々にしてそういう夢は印象が薄いせいかすぐに忘れてしまいます。

そして自分の大切な人が亡くなったり、何か得体の知れないものに追いかけられるような夢はいつまでも忘れない・・・

つまり「印象深い夢」や「ショッキングな夢」は忘れがたくいつまでも覚えているんです。

この状態を「変な夢ばかり見る」と感じているんですね。

▼関連記事▼
追いかけられる夢の意味をスピリチュアルに読み解くと、占いとは全く違った意味が浮かび上がってきた

実際、こうした変な夢ばかり見る状態が続くとどうなってしまうと思いますか?

 

疲れる

まず端的に言って、疲れます。

そりゃそうでしょう、得体の知れないものに追いかけられたり、理不尽に上司から怒鳴られたり、自分の大事な家族が大けがをしたりする夢ばかりを覚えているわけですから。

そして多くの人はこうした夢には何らかの意味があるはずだ、と信じています。

そうした変な夢を見るだけでも疲れるのに、その夢の意味まで気にしてしまうんですから浸かれば何倍にもなってしまいますよね?

 

ストレスが溜まる

こうした変な夢というのは、あなたが望んでいない出来事が起きてくることがほとんどでしょうから、一度でも見れば気になるものです。

それが頻繁に変な夢を見るとなると、それは大きなストレスになります。

見たくもない夢を自分の意思とは無関係に見てしまう・・・もう見たくないと思うのは誰でも同じでしょうね。

 

眠れない

こういう見たくもない変な夢を頻繁に見るようになると、夜になって寝ること自体が怖くなってしまうこともあります。

寝ればまた変な夢を見てしまうかも知れない、もう見たくない、嫌だ・・・

そんな思いに取り憑かれ、健康のための大事な睡眠時間が減ってしまうこともあります。

眠れないというのは想像以上に辛いことです。

 

スポンサーリンク

 

変な夢ばかり見るスピリチュアルな原因

先ほども少し説明しましたが、人は毎晩、それも何度も夢を見ています。

そして夢は現実とは違い不条理な内容だったりしますので、楽しい夢もあれば変な夢、怖い夢もあります。

結果として嫌な夢や怖い夢、変な夢ばかりが記憶に残ってしまうんですね。

なぜ夢を見るのかについては何も明確なことは言えませんが、スピリチュアルな視点に立てば「夢には何らかの意味がある」といえます。

何の意味も理由もないならば、私たちは夢なんて見ないでしょう?

夢は何らかの形で私たちの心理と繋がっているのではないか。

そう考えた心理学者たちによって夢診断は発達してきました。

こうした夢診断を唱えた学者はフロイトやユングなど、誰もがその名前を聞いたことがあるような有名な心理学者たちが名を連ねていました。

夢はそれを見る人の深層心理と密接に関係している、だから見た夢の内容からその人の心理状態を読み解くことが出来る。

このような考えから夢診断は世界的に広まっていきました。

現在ではフロイトやユングなどの唱えた夢の意味は「かなり偏りのある」ものとする説が一般的になっていますが、それでも夢を分かりやすく意味づけしているという点でいまだに人気が高いのも事実です。

そして多くの人たちが大好きな「夢占い」はこの夢診断がベースとなっているということを忘れてはいけません。

夢診断は夢を見た人の心理を読み解こうとした、ある意味純粋な学問的探求の結果と言えますが、夢占いはその意味づけを占いというものに置き換えたものです。

このことからも、夢占いは占いとして真実に足るものは全くないと言えます。

で、変な夢ばかり見るのはどのような意味があるのか?

夢には意味があるという論点に立てば、変な夢を見る「何らかの理由」が必ずあるわけですが、その理由は人それぞれとしか言いようがありません。

夢占いのように「○○の夢は幸運の訪れる兆し」なんてことは言えません。

そんなことを言ったら嘘をつくことになってしまいますからね。

 

夢はあなたへのメッセージ

見た夢を覚えているということは、スピリチュアルな視点に立てばその夢を通してなにかのメッセージがあなたに届いていると考えられます。

夢の内容そのものがメッセージである可能性も勿論ありますが、全く別のなにかを伝えようとしている可能性も十分あります。

夢を見ること自体は毎晩のことですから、ただ夢を見たと言うだけでは特に意味するものはありません。

しかし見た夢を覚えている、とても変な夢でいつまでも忘れられない・・・

とすれば、それは何かのメッセージかも知れません。

そういう夢を見た時には、何か重要なメッセージだと思ってその内容を吟味することです。

何でこんな夢を見たんだろう?

それを熟慮することで何かを思い出すかも知れません。

あれ、もしかしてこれって・・・

そうした「思い当たる節」があれば、それが変な夢の伝えるメッセージである可能性があります。

まして変な夢を繰り返し見る場合、かなり大事なメッセージがそこには潜んでいる可能性が高いです。

でもその意味がなかなか分からないケースも多々あることでしょう。

だからといって夢占いに逃げてはいけません。

夢占いが伝えるような一意の答えなんてあるわけがないんですから。

 

結局のところ

今回は変な夢ばかり見るスピリチュアルな理由について説明してきました。

夢には意味がある、その意味はあなたへのメッセージである可能性がある、しかし夢の内容そのものがメッセージとは限らない・・・

なんとも夢とは厄介なものでしょう。

それだけに夢の持つメッセージを読み解くのは上質のミステリー小説のようにあなたの心を躍らせるものなんです。

決して楽をしようとせず、あなたの見た変な夢の正体をじっくりと探ってみてください。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました