スポンサーリンク

この人と何かあると直感したときのスピリチュアルな意味について詳しく解説すると

この人と何かあると直感したときのスピリチュアルな意味とは?

はじめて会った瞬間に、

「あ、この人もしかして・・・」

なんて感じたことありませんか?

その相手が異性であれば「運命の人」かもしれないし
同性であれば「生涯の友」かもしれないし
既婚者の異性だった場合には不倫の始まりかも・・・

いずれにしても「この人と何かある」と直感することって誰でもありますよね。

で、この感覚って何なんでしょう?

あなたにとって本当に何かある相手との出会いなんでしょうか。

答えは「間違いなく何かある」です。

その「何か」に関してはケースバイケースで差はあるにしても、全く無意味な場合にそのような予感や直感が湧いてくることはありません。

今回は、この「何かある」という直感についてスピリチュアルな視点から詳細に解説してみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

直感の正体とは

そもそも、このような直感ってどうして湧いて出るのでしょうか。

何かが起きてその結果として状況が変化した場合には、そこには原因というものが存在します。

原因があって状況が変化し、結果が変わる。

こうした過程で出会うべくして出会ったような相手なら、その出会いに直感を感じることは少ないでしょう。

直感って、何なんでしょう?

 

直感は「説明のつかない感覚」

直感とは「説明の付かない感覚」のことです。

つまり「なぜそのように感じるのか」に関して論理的に説明の付かない感覚を総称して直感と言います。

ですから、偶然出会った人に再び街中でバッタリ出会った、これってもしかしてこの人と縁があるってこと?・・・みたいなのは直感ではありませんので勘違いしないようにしてくださいね。

直感というのは、はじめて出会ったときに意味も無く感じてしまうもので、再び出会うという「あまり怒りそうにないことが起きたと言うことは・・・」みたいな変な理屈が介在する余地のないものです。

どうしてそのように感じてしまうのか分からないけど、という状況下で感じるのが食感なんですね。

 

スポンサーリンク

 

直感を科学的に説明するのはナンセンス

このように直感というのは「理屈を超えた」感覚ですから、それを科学的に説明しようとするのはナンセンスです。

最近はなんでも科学で説明しようとする人が多いですが、科学なんて発展途上の学問ですし、科学の扱えるものは「形のあるもの」に限られますから、そもそも直感のような形のないものを科学でどうにかしようとすること自体、意味の無いことです。

こうした「形のないもの」を専門に研究するのがスピリチュアルですから、本来直感はスピリチュアルで考えるべきものと言えます。

 

当てになる直感と当てにならない直感の違いとは

さて、なぜそのように感じてしまうのか分からない直感ですが、全ての直感に意味があるのでしょうか。

それが直感である限り必ず意味がありますが、あなたが直感だと思っているだけで実はそれ直感じゃないということも往々にしてありますから注意が必要です。

自分の勘違いにもかかわらず「なんだよ、直感なんて当てにならないな」なんてぼやくのはお門違いです。

本物の直感と偽物の直感には明らかな違いがあります。

その違いは「どこをどう考えてもその感覚を説明できない」のであれば、それは間違いなく直感ですから、必ず意味があります。

その意味は、運命の人のようなあなたの人生を大きく変えてしまうようなものもありますが、ほんの些細なものの場合もあります。

たとえば街中ですれ違いざまに目が合った人の顔が自分の母親にちょっと似ていて「あ、母の日のプレゼント買ってなかった」ということを思い出すとか。

すれ違いざまに目が合ったことに、些細ではあってもちゃんと意味があったということですね。

これも直感が働いたひとつの例と言えます。

事ほど左様に、直感には大小様々なものがあると言うことですね。

 

直感をスピリチュアルな視点で考える

さて、直感は形のないものなので科学ではなくスピリチュアルで研究すべきという話をしましたが、スピリチュアルな視点で直感を考えた場合、どのような結論が出るのでしょうか。

私たちはそれぞれ、固有の周波数のエネルギーを持っています。

このエネルギーは物質的なものではなく非物質的なもののため、物理的にそれを測定することは出来ません。

しかし私たちの意識あるいは魂は、この非物質エネルギーを感じ取ることが出来ます。

なぜなら私たちの意識あるいは魂も非物質のため、非物質世界でこれらを知覚できるわけです。

で、私たちはこの非物質エネルギーを知覚する際に自分のエネルギーとの相性を併せて感じ取っています。

ウマが合うとか気が合うという感覚は、こうした非物質エネルギー同士の相性のようなものと考えていただければ良いと思います。

気が合うのと同じく、気が合わない相手もいるわけで、そういう相手とは自然と疎遠になったりいざこざを起こしたりするわけですね。

このように、自分と相手との関わり合いに関して、意識あるいは魂は正確に感じ取ることができますから、自分にとって必要な人とは何らかの形で必ず出会うようになっているわけです。

偶然を装ってバッタリ出会うとか、たまたま同じ貴社に入社して同じ職場になって仲良くなるとか、交通事故の被害者と加害者という関係になるとか・・・

どういう形にせよ、自分が人生を生きていく上で必要なときにベストなタイミングで必ず出会うようになっているので、出会った瞬間に「あ、この人と何かある」と感じてしまうんです。

それがスピリチュアルな視点で見た「直感」の正体です。

何でこの人との出会いに「何かある」と感じるのか、理屈は分からなくとも意識(非物質の意識という意味では無意識、潜在意識)レベルではちゃんと分かっているんですよ。

 

直感と引き寄せの法則は無関係

こうした直感に関して、引き寄せられたとか言いつつ「引き寄せの法則」と関連付けて説明する人もいますが、これは全く無関係ですから勘違いしないようにしましょう。

引き寄せの法則は、宇宙の法則でも何でも無く人間が勝手に言い始めただけのものであり、そこにスピリチュアルも何もありません。

また、ソウルメイトとかツインソウル、ツインレイが引き寄せ合うとか言う人もいますが、これもデタラメです。

そもそもソウルメイトとかツインソウルとかツインレイなんて、非物質世界を理解していない人がロマンチックに語っているだけのものですから、スピリチュアル的にはまったく意味のないものです。

占い系や出会い系のスピリチュアルサイトではこうしたテキトーなことを言いつつあなたのお金を巻き上げようとしている輩が山ほどいますが、こうしたスピリチュアルビジネスにはまらないようご注意くださいね。

▼関連記事▼
ソウルメイトに出会うサインについて、とんでもない勘違いとは?

ツインレイなんて嘘っぱちなのにどうしてみんな信じてしまうのか不思議でならないのだが

 

スポンサーリンク

 

頭で理解できたらそれは直感ではない

いずれにせよ直感というのは理屈では説明できないものです。

逆に直感がどこから来たものか説明できるとしたら、それは直感ではなく「自分で造った願望」だと思った方がいいでしょう。

自分の思いとか願望、夢なんかとは無関係に、突如として出会う。
そしてその出会いが「この人と何かある」と意味も無く感じてしまう・・・

直感とはそういうものです。

 

直感に従うか否かを正確に判断する方法

そして「この人と何かある」と感じたとして、その直感を信じるか信じないか、その直感に従うか従わないかはすべてあなた次第です。

その直感に従うか従わないか、これを決めるのもあなたの直感です。

決して理屈で決めてはいけません。

こっちを選んだ方が○○な理由からメリットが大きいよな、よし、こっちを選ぼう。

こういう決め方をすると、往々にして選択を誤ることになります。

従うか従わないかも直感で決めましょう。

え、どうやって?

はい、どちらにするかを決めるとき「違和感」を感じる方は選んではいけません。

違和感はあなたの意識が非物質界から受け取る「高精度の羅針盤」のようなものですから、この違和感に従うと言うことは「あなたの直感に従う」のと同じことです。

違和感に従っていれば、選択を誤ることはありません。

 

結局のところ

今回は、この人と何かあると直感で感じた場合にどうすべきかについて解説してきました。

直感はあなたの意識が非物質世界から直接受け取る、あなたの人生を生きていく上での道筋です。

この直感はあなたの肉体、すなわち脳を介することなく届けられる情報ですから、脳で考えて結論を出してはいけません。

直感には直感で。

それをするための羅針盤は違和感。

これを覚えておけば、あなたの人生はきっと色鮮やかなものになっていくことでしょう。

 

ということで今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました