スポンサーリンク

変性意識と脳波|肉体を超えた意識の大冒険がはじまる!

変性意識と脳波の関係

人間の意識とは摩訶不思議なものよ。

あなたは意識について考えたことがありますか?

突然このように言われて
面食らっていますね(笑)

大丈夫です。

あなたも含め多くの人は
意識について真剣に考えたことなんて
ほとんどありませんから。

それがたとえ自分自身の意識だとしてもです。

でも意識って知れば知るほど凄いんです。

意識の深遠さが分かると
あなたの世界は大きく拡がることでしょう。

何倍、いや何十倍、いやいや何百倍も。

というわけで
今回は意識、とりわけ変性意識について
説明していきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意識と変性意識の違い

意識という言葉は
とても広い意味を持つため
なんともつかみ所のないものです。

たとえば哲学で意味する意識と
心理学で意味する意識は違った意味を持ちます。

さらに生物学、医学、宗教などでも
それぞれ違った意味で用いられます。

また日本では「意識高い系」みたいな
使われ方もしますよね?
プロ意識とかコスト意識なんて使い方も。

事ほど左様に
意識という言葉はひと言で説明出来ないんです。

ね、意識について意識してみると
何とも摩訶不思議な言葉だということが
分かってきますよね。

本稿は意識の意味について解説するのが
目的ではありません。

ですから意識の意味としては
シンプルに次のように定義したいと
思います。

意識とは
起きていて自分の周囲の状況などを
認識することが出来る状態

要はあなたが起きていて
普通にものを見たり聞いたり感じたり
している状態のことですね。

意識=世界

さて、あなたにとっての世界とは
あなたが今までの人生で見てきたものの
集大成と言えます。

つまりあなたが起きているときに
見たり聞いたり感じたりしたもの全部が
あなたにとっての世界というわけです。

ここでひとつのことに気付きませんか?

あなたにとっての世界とは
あなただけのものだということ。

あなたが見たものは
あなた以外の誰ひとりとして
見ていないんです。

そのことに気付いていますか?

あなたが友人と旅行に行って
美しい夜景を見たとします。

でもあなたが見た夜景と
あなたの友人が見た夜景は
同じものではないんです。

いやいや、そんなバカな(笑)

夜景は誰が見たって同じでしょう。
私も友人も、それ以外の人たちも
その場にいれば同じ夜景を見てるはず。

本当ですか?

本当にそう思っているのなら
是非とも試してみてください。
友人と見た夜景、何が見えたか。

友人と答え合わせをしてみてください。

テレビ塔がみえたよね?
見えた見えた。

桟橋に大きな客船が停泊してたよね?
してたしてた。

自分たちの隣で大声で騒いでた人がいたよね?

え、そんな人いたっけ?
いたでしょう、大きな声で笑ってた人。
そうだったかな・・・

じゃあテレビ塔の先端のライトの色は?
えーと・・・青だったかな。

嘘つけ、赤だったろ!

ほらほらほらほら(笑)
食い違いがいくつも出てきましたよ。

あなたと友人、同じ夜景を見てたんでしょう?

それなのに
なぜ見たものが食い違うんでしょうか?

いやそれは単なる勘違いでしょう。
もしくは互いの記憶違い・・・
それはそうかもしれません。

まだ気付きませんか?

こうした違いは
あなたと友人が答え合わせをしたから
分かったことですよね?

答え合わせをしなければ
あなたにとってテレビ塔のライトは赤だし
友人にとっては青なんです。

これは答え合わせをしない限り
これからもずっと死ぬまで変わりません。

同じものを見たとしても
あなたの世界と友人の世界は微妙に違う。
実際がどうであれ・・・

ご理解頂けましたか?

簡単なたとえ話をしましたが
あなたの世界はあなたにしか見えていないんです。

普通に起きて(目が覚めて)いて
何かを見たり聞いたり感じたりしていても
これほどまでに違ってしまうんです。

そのことをまずしっかりと理解しましょう。

スポンサーリンク

普段は意識していない「変性意識」

さてここからは変性意識についてです。

変性意識ってどういう意味でしょう?
意識とは違うということは分かっても
何がどう違うのでしょう?

変性意識をひとことで言ってしまえば
「日常的な意識状態以外の意識状態」
となります。

変性意識状態の研究は比較的新しく
1960年代後半から盛んになりました。

日常的な意識とは違う意識状態・・・

これってどういう意味なんでしょう?

たとえばアスリートが凄い結果を出したとき
ゾーンに入っていた、なんて言います。

この「ゾーン」というのは
集中力が高まり自分の感覚が研ぎ澄まされ
驚異的な集中力が発揮できる状態をいいます。

そのときの状態をアスリートに聞くと
周りの音や景色が消え、自分がしていることだけが
意識に上る状態だといいます。

そして一時的に疲労を感じなくなったり
高揚感に包まれたりするそうです。

これって明らかに普段の意識状態とは
違う意識状態だと言えますよね?

つまりゾーンに入っているときは
変性意識状態になっていると言えます。

ここまで明確ではなくても
ゲームに熱中していたらあっという間に
1日が終わってしまったとか経験あるでしょ?

あれだって一種の変性意識状態と言えます。

それ以外にも瞑想しているときとか
ぼんやりしているときに何か閃くとか

そういうのも変性意識状態です。

まだまだありますよ。

寝ているときに夢を見ているとか
催眠術にかかっているときも変性意識。

臨死体験中も変性意識だし
体外離脱して自分の肉体を離れた場所を
ふらついているときも変性意識。

あなたは気付いていなかったかもしれませんが
変性意識って身近にたくさんあるんです。

意識状態と脳波の関係

ここまで意識や変性意識の話をしてきました。

実は意識状態は脳波と密接な関係があるんです。

脳波というのは
人間の脳から生じる微弱な電気信号ですが
0.5Hz〜30Hzほどの周波数を持っています。

そしてこの脳波の周波数は
意識状態の変化に伴って変化することが
分かっています。

脳波と意識状態(表)

この表のように
脳波の周波数が変化すると
意識状態も変化するんです。

逆に意識状態が変化することで
脳波の周波数も変化していきます。

そして深くリラックスした状態から
瞑想、眠りに落ちるくらいの帯域では
目が覚めているときとは違った体験が起きてきます。

この領域すなわちα波〜θ波あたりのときの
意識状態を変性意識状態と呼びます。

変性意識状態で起きてくること

変性意識状態とは
通常の意識状態ではない状態の総称であると
説明しました。

では通常とは違う、どのようなことが
起きてくるのでしょうか?

人間というのは肉体と意識から出来ています。

科学の世界では
人間は肉体のみで出来ているとしますが
心理学をはじめスピリチュアルでは

人間は肉体と意識から成る。

としています。
この件について本稿では割愛します。
詳しくは以下の記事をお読みください。

▼関連記事▼
死後の世界は無い、ということの本当の意味を知っていますか?

つまり意識は死ぬことがないんです。

ということは
死後も「何らかの意識状態をとる」ということ。

これって言い換えれば
「死んだ人の意識状態」と言うことですよね。
つまり死後世界における意識です。

これも通常の意識状態ではありませんから
当然のことながら変性意識状態ですね。

変性意識の広大で深遠な世界

このように変性意識状態は
生きているときの意識状態だけでなく
死後の意識状態も含まれるんです。

また、人間が肉体と意識から成ることから
生きている間でも意識が肉体から離れることが
あります。

事故や病気で心肺停止状態に陥りながらも
生還することが出来た人たちの中には
臨死体験をした人が数多く存在します。

この臨死体験も変性意識状態といえます。

さらに体外離脱やリモートビューイングも
変性意識状態で起こると考えられます。

このように変性意識状態では
普通の意識状態では体験できない
数多くの世界を垣間見ることが出来ます。

そこに拡がる世界は広大で深遠です。

考えてもみてください。
死後世界なんて生きているうちには
決して体験できない世界ですよ(笑)

でも意識は
その状態を変化させることさえ出来れば
死後世界だって垣間見ることが出来る。

しかも死なずに。

これって凄いことだと思いませんか?

死なずに死後世界を体験する方法はあるのか?

それって確かに凄いことかもしれないけど
単なる理屈でしょう?
実際にそんなこと出来ないでしょう?

いえいえ、これが出来ちゃうんです。

しかもヘッドホンで音を聴くだけで
誰でも簡単に死後世界を体験出来ちゃうんです。

本稿では詳細は割愛しますが
興味のある方は以下の記事をお読みください。

▼関連記事▼
ヘミシンクで死後の世界をほんとうに体験・認識できるのか?

まとめ

今回は意識について考えてきました。

特に普段の意識状態とは異なる状態を
変性意識状態ということも学びましたね。

そして変性意識状態には死後の意識状態も
含まれることも学びました。

さらに肉体から意識を遊離させることで
死なずに死後世界を探索することが可能
ということも分かりましたね。

事ほど左様に
意識の世界を突き詰めていくと
途轍もなく広大で深遠な世界が待っています。

今まで世界のすべてだと思っていたその外側に
さらなる世界が大きく口を開けています。

もしもあなたが
こうした世界に興味をお持ちなら
是非とも一歩を踏み出してみてください。

そこには肉体を超えた意識の大冒険が
待っています。

タイトルとURLをコピーしました