スポンサーリンク

話すと疲れる人の特徴とスピリチュアルな対処法について解説

スポンサーリンク

話すと疲れる人の特徴とスピリチュアルな対処法

別に嫌いじゃないんだけど、会って話をするとなんだか凄く疲れる人っていますよね?

何人かであって話す分にはあまり気にならないのに、二人になると何故かイライラしてしまう。

これって好きとか嫌いとか、そういう感情だけでは説明しきれない「何か」があると思いませんか?

今回は「一緒にいて話すと疲れる人」について、その特徴や対処法も含めてスピリチュアルな視点で説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一緒にいて話すと疲れる人とはどんな人?

ひとことで「一緒にいて話をすると疲れる人」といっても、いくつかのパターンがあります。

まずは代表的な3つのパターンを見ていきましょう。

 

エナジーバンパイア

エナジーバンパイアとは、あなたのエネルギーを吸い取ってしまう人のことです。

その人があなたのそばに来ただけでイラッとしたり、何気ないひと言があなたを傷つける・・・

その人が意図的にそうしたことをしているわけではなくても、結果的にあなたはその人と一緒にいたり話をしたりすることでエネルギーを吸われてしまい、結果的に疲れてしまいます。

こうしたエナジーバンパイアにはいくつかの特徴があります。

・強い攻撃性
・ダークトライアド(自己愛+マキャベリ主義+サイコパス)
・他人依存
・悲劇の主人公キャラ

こうした特徴を箇条書きにしただけでも、こうした特徴を持った人ってあなたの周りにもたくさんいるんじゃないですか?

エナジーバンパイアにつきましては以下の記事に詳しく解説しましたので併せてお読みください。

▼関連記事▼
エナジーバンパイアと縁切りするには?悲惨な末路にならないための対処法を解説します

 

あなたと波長の合わない人

エナジーバンパイアは結果的にあなたのエネルギーを吸い取ってしまいますので、一緒にいて話をすると心身ともに疲労困憊してしまいます。

エナジーバンパイアほどではないにせよ、一緒にて話すことで何となく気疲れしてしまう相手っていませんか?

不愉快になると言うことも特になく、あなた自身もその相手のことを悪く思っているわけではないのですが、ただなんとなく疲れる・・・

こういうケースの場合、その多くはあなたと相手との波長が合わないことが原因です。

私たちはみんな、独自の波動というものを発しています。

波動なので「波」です。

つまり音や光、電波などと同じようにあなた自身も特定の波長の波動を発しているわけです。

これは人間や動物、植物など生きているものに限らず、家とか電化製品、家具なども独自の波動を発しています。

そしてあなたの周りにあるもののほとんどは、あなたの発する波動と何らかの形で「共鳴」しているんです。

別にたいしたものじゃないのに何故か捨てられないものってあるでしょう?

それもあなたとその物が共鳴しているので離れられない関係にあるんです。

逆にいままで大切にしてきたものでも波動共鳴しなくなれば手放すことになります。

ところが人間関係の場合、あなたの一存で関係性を断ち切ることは困難です。

で、一緒にいて話をしてもなんとなく会話が噛み合わないしぎこちない・・・疲れる・・・

なんてことになったりするわけですね。

これはあなたと相手の人の波長が共鳴できないためです。

 

対等の関係が築けない人

人間関係というものは通常「互いに対等」であるべきです。

ところがそうした対等の関係性が築けない相手とコミュニケーションをとらなければならないことも少なくないでしょう?

たとえば会社における上司と部下とか、営業マンと取引先担当者とか、事故の被害者と加害者とか。

こうした関係においても本来は互いに対等であるべきなんですが、多くの場合そういう意識を持てない人は多いものです。

対等の関係が築けない相手は、自分があなたよりも上(偉い)と勘違いして接してきます。

よくレストランの店員にクレームを付けている客が「おい、お客様は神さまだぞ、お客様の言うことが聞けないのか」とか大声で叫んでいるのを見かけることがありますが、これなんかとんでもない勘違いですよね。

お店が美味しい料理を提供し、客はその対価として代金を支払う。

この関係性はどこまでいっても「対等」な筈です。

にもかかわらず「金を払ってやる」みたいな卑しい思想が表面化してしまう人は結構多いですよね。

そういう人と接すると「はぁ、疲れるなぁ・・・」となります。

 

スポンサーリンク

 

間接的にあなたを疲れさせる人

間接的にあなたを疲れさせる人

ここまではあなたが直接その人と接したり話したりすることで疲れる原因について説明しました。

しかしながらあなたが接する相手以外にも、あなたを疲れさせてしまう状況があるんです。

その中から代表的なものを3つ紹介しますね。

 

人混み

まずは人混みです。

通勤通学のために毎日のように混雑している電車やバスに乗る人はお分かりかと思いますが、電車やバスから降りるとドッと疲れませんか?

それはあなたと一緒に電車やバスに乗っている人たちの波動を否応なく浴びてしまうためなんです。

とても狭い空間に身動きも取りづらい状況で多くの人は目的地の駅まで黙って乗っています。

そういう人たちの多くは心の中で「今日もぎゅうぎゅう詰めで嫌だなぁ」とか「押すなよオッサン」とか思っているはずです。

そうした想いのエネルギーは間違いなくネガティブなものですから、それを浴びれば疲れてしまうのも当然ですよね。

 

交通渋滞

せっかくの休日に行楽地に出かけて楽しいひとときを過ごしたというのに、帰りの高速道は大渋滞・・・なんてことはよくありますよね。

こんな状況では渋滞にはまっているドライバーのほとんどがイラついていることでしょう。

「いつまで続くんだこの渋滞」「早く帰りたいのにいい加減にしてくれよ」なんて心の中で思いながらノロノロと走り続けます。

渋滞している高速道は、巨大なネガティブエネルギーの溜まり場のようになっていますから、その中に身を置けばそうしたネガティブなエネルギーをふんだんに浴びることになります。

そのおかげで、家に帰ってくると心身ともにグッタリさん。笑

ですから渋滞を迂回しようと下道を遠回りしながらでも走って帰ってくる方が、疲れが少なく感じるのはその為なんですね。

 

病院

病院は病気や怪我をしたときに行くところです。

そういう意味では病院にはネガティブなエネルギーが充満していると言えます。

あなたが友人や知人が入院した際にお見舞いに行く場合を考えると、あなた自身は病気や怪我をしているわけではないため、病院のネガティブなエネルギーとは共鳴しません。

このため病院にいる間もそうですが家に帰ってきてからも、なんとなく疲労感を感じてしまうんですね。

あなたが直接何らかのコンタクトをとるわけではないですが、ネガティブなエネルギーの中に身を置くことで疲れてしまうんです。

 

話すと疲れる人へのスピリチュアルな対処法

さて、こうした状況に身を置かざるを得ない場合、疲れを最小限にすることは出来るんでしょうか?

答えは「イエス」です。

どうすれば良いか?

結界を張れば良いんですよ。

自分自身に結界を張ることで、こうしたネガティブなエネルギーの影響からあなた自身を守ることができるんです。

結界とはあなたの周りに作るエネルギーシールドのようなものですから、こうした「影響を受けたくないエネルギーからあなた自身を守る」ことが出来ます。

また結界にはもう一つの効果があります。

それは「あなたにとって好ましいエネルギーをあなたに引き寄せる」ことが出来るんです。

嫌なものは跳ね返し、好ましいものはどんどん取り入れる。

そんな虫の良いことが出来ちゃうのが結界なんですね。

結界については以下の記事で詳しく説明していますので、興味がありましたらお読みくださいね。

▼関連記事▼
結界を張るのはとても簡単!誰でもできて効果抜群の張り方と結界を張るとどうなるかを教えます。

 

結局のところ

今回は「話すと疲れる人」について説明してきました。

直接的にあなたのエネルギーを吸い取ってしまうエナジーバンパイアやあなたと波長の合わない人、あなたと対等な立場でコミュニケーションがとれない人とは波動共鳴が困難なため、できるだけ接しない方が無難です。

また、間接的にあなたを疲れさせてしまう人がたくさんいる場所ではあなたはネガティブなエネルギーをふんだんに浴びることになるため、こちらも可能な限り避けた方が良さそうです。

しかしいずれの場合についても、どうしても避けられない場合には「自分自身に結界を張る」ことでそうした好ましくないエネルギーの影響から自らをシールドすることができます。

結界は思いのほか張るのが簡単ですので、上手く活用することで人と接することによる疲れを最小限にすることができますよ。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました