スポンサーリンク

友達と合わなくなったのはスピリチュアル的には重要なメッセージがあるというサイン

スポンサーリンク

友達と合わなくなったスピリチュアルな意味とは?

なんか最近、あいつと一緒にいるとイラッとする。

ついこの間まであんなに仲が良かったのに、なぜか急にしっくり来なくなった。

こんな経験、ありませんか?

これは「友達と合わなくなった」ということですが、何故このようなことが起きるのでしょうか?

逆にこれまで仲が良いわけでもなかった人と急に仲良くなることもありますよね?

これってあなたが望むと望まざるとに関わらず起きてしまうことです。

今回は「友達と合わなくなった」という現象について、スピリチュアルな視点で解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ合う友達と合わない友達がいるのか

そもそも、あなたが新しい環境で友達を作ろうとするとき、どのような方法で友達を作りますか?

第一印象で「感じの良さそう」な人に声をかけるとか、ちょっと会話してみたら話が合うからとか、逆に向こうから声をかけられるとか、そんな感じでは?

いずれにしても最初は「直感」に近いところで相手を選んでいますよね。

この直感って意外と当たるんですよ。

何となく良さそうな人だなと思って声をかけ話をしてみたら、趣味も合うし話も弾む。

そんな感じで友達になりますよね。

つまり友達選びって理屈じゃないんです。

直感というか、感覚的な部分で「この人」と思って何らかのアクションを起こすわけです。

ぱっと見、なんか良いイメージが持てないとか印象が薄いという人とは友達になりませんよね。

第一印象で友達を選んでいる。

ただし時間が経つにつれ話が合わなくなったりどうしても受け入れがたい部分が目立ってきたりして、だんだんと疎遠になっていくということもあります。

あいつ、悪いやつじゃないんだけど何となく合わないんだよね・・・

みたいな感じで友達関係が薄くなっていくこともよくあります。

これも理屈じゃないんです。

何となく「合わなくなった」みたいな。

でもどうしてこんなことが起きるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

類は友を呼ぶということの本当の意味とは

スピリチュアルでは「類は友を呼ぶ」ということをよく言います。

類は友を呼ぶということわざ自体はスピリチュアルなものではなく、一般的にもよく使われますが、似たもの同士は引き寄せ合うという意味合いですね。

スピリチュアルでは「魂のレベル」で類は友を呼ぶという表現をします。

似たような魂のレベル同士は引き寄せ合うという意味です。

ここでいう「魂のレベル」とは、個々の意識が持つ固有の「波動」を指します。

私たちの意識はそれぞれが固有の波動を持っており、これは人によって異なります。

固有のものですから、あなたと全く同じ波動を持った人はいません。

あなたの波動と他人の波動は共鳴することもあるし共鳴しないこともあります。

共鳴する波動同士はきれいなハーモニーを奏でますが共鳴しないと不快な不協和音となってしまいます。

意識の波動が共鳴し合う相手とは「一緒にいて心地よい」「話していて楽しい」といった感覚を持ちますが、共鳴し合わない相手とは「話していて違和感を感じる」「一緒にいると疲れる」みたいな感覚を持ちます。

ですから友達になる相手とは意識の波動共鳴が起きていると言うことなんですね。

これが類は友を呼ぶという意味です。

 

合わなくなってきたサインとは

意識が波動共鳴するから仲良くなる、友達になるのだとしたら、どうして友達と合わなくなるのでしょうか?

これは単純にあなた、もしくは相手の波動が変化することによって起こります。

この辺については次章で詳しく説明しますが、そのサインとしては今までとは何かが違ってきたなと感じるようになります。

話していて「あれ?なんか変だぞ」「ん?」のような違和感を感じるようになります。

こうした違和感を感じ始めたら、あなたもしくは相手の波動が変化してきているサインと思って良いでしょう。

このことについてもう少し詳しく説明しますね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ友達と合わなくなるのか

友達と合わなくなる理由は「意識の波動が変化」することにより不協和音が生じるようになるためですが、なぜ意識の波動が変化知るのでしょうか?

これについて見ていきましょう。

 

価値観の変化・成長

まず「価値観の変化」が挙げられます。

これは外的要因による場合と内的要因による場合があります。

 

外的要因による変化

外的要因による場合とは、結婚して生活環境が変化し人生観などが変わってきたとか、大きな病気や怪我をして今まで思っていた生き方が困難になった、大きな挫折を経験した等、外部の出来事によって今までの考え方が変化する場合です。

今までは独身同士お互いに毎日を刹那的に生きていたのに、相手が結婚を機に将来の人生設計を真剣に考えるようになったことであなたと考え方が合わなくなってきた、なんて場合ですね。

これは相手の式の波動が変化したことにより、あなたとは波動共鳴しなくなってきたのが原因と考えられます。

 

内的要因による変化

内的要因による場合とは、毎日を生きる中でふと「このままで良いのか」みたいな思いがわき上がってくるとか「なんか飽きちゃったな」みたいに急に今までの生き方そのものが色褪せてみてしまうような場合です。

これは外的要因がなくても突如として起きることがありますし、夢の中で啓示のようなものが降ってくるような場合もあります。

いずれにしても、何か外的な変化が引き金になったわけでもないのに自分の意識が変化してしまう・・・

そうした意識の変化が内的要因によって起きることがあります。

 

スポンサーリンク

 

人生のステージが変わる

価値観の変化と関連しますが、それによってあなた自身の人生のステージが変わることがあります。

例えば、今までは会社の中で出世してそれなりの地位と名誉と経済力を得ることが人生の大きな目標だったのに、ある出来事を境にそうした人生に興味が持てなくなってしまった、なんてことはよくあることです。

それにより定年退職までまだ10年以上もあるにもかかわらず会社を辞めてしまい地方に移り住んで自給自足の生活を始めるとか・・・

何があったのかは問題ではありません。

あなたの人生のステージが変わったために生き方そのものも変わってしまうんです。

こうなれば、今まで会社の中で互いに切磋琢磨していた友人とは価値観も考え方も生き方そのものも違ってしまいますよね。

当選ですがその友人とは合わなくなってしまいます。

事ほど左様に、自分の価値観(意識の波動レベル)が変化することで友達関係というのはどんどん変化していくものですから、今いる友達と合わなくなったと感じたらあなた自身の人生のステージが変化し始めたサインかもしれません。

 

結局のところ

今回は、友達を合わなくなったと感じたときのスピリチュアルな意味について説明してきました。

あなた自身も友達も刻一刻と変化しているのですから、合わなくなるなんてことは普通に起こることです。

そしてそれに固執するのは意味のないことです。

あなたの変化に合わせて人間関係も変化していく。

これは生きている上では至極あたりまえのことなんですから。

 

ということで、今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました